[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「いつの間にかまた大谷だらけになってた」 日米驚愕の「14/15」…得意の6月を前に示した復調

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ニューヨークで行われたメッツ戦に「2番・DH」で先発し、5回に中前適時打、8回には出場10試合ぶりの14号2ランを放った。このうち5回の中前打は時速114.1マイル(約183.6キロ)の爆速打。ドジャースの今季打球速度ランキングは再び大谷だらけになっており、得意の6月を前にした復活の兆しと捉えることができそうだ。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

10試合ぶり14号より…その前の“爆速安打”に驚愕

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、敵地ニューヨークで行われたメッツ戦に「2番・DH」で先発し、5回に中前適時打、8回には出場10試合ぶりの14号2ランを放った。このうち5回の中前打は時速114.1マイル(約183.6キロ)の爆速打。ドジャースの今季打球速度ランキングは再び大谷だらけになっており、得意の6月を前にした復活の兆しと捉えることができそうだ。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 5回の打席、大谷は左腕ピーターソンが内角低めに投じたシンカーをとらえた。打球は二塁ベースの右をあっという間に抜ける中前打となり、二塁走者が生還。その後8回には右腕ロペスの外角シンカーを逆らわず逆方向へ。左翼席に飛び込む14号2ランとした。チームの10-3での大勝に貢献した。

 米国のデータ提供企業「コーディファイ・ベースボール」は公式X(旧ツイッター)で、今季ドジャース選手が記録した打球速度ランキングの上位15傑を発表。トップは大谷が4月27日(同28日)のブルージェイズ戦で放った右前打の119.2マイル(約191.8キロ)で、この日の安打は5位タイ。そして実にこのランキングは「14/15」を大谷が占めており、14位にキケ・ヘルナンデスがようやく入ってくる。

 これには日米のファンから「オオタニが多すぎる」「オオタニ、史上最高」「いつのまにかまた大谷だらけになってた」「バケモンや」と驚きの言葉が並んだ。

 5月下旬の大谷は精彩を欠いた。29日(同30日)までの7試合で残した成績は打率.226、1本塁打。一時は打率と本塁打の2部門でトップに立っていたが譲り渡した。走塁の際に脚に牽制球を受けたのが張りを招き、全力で走れなくなっていたのも響いた。

 いよいよ得意の6月を迎える。初の本塁打王に輝いた昨季は打率.394、15本塁打。自己最多の46本塁打した2021年は打率.309、13本塁打を残している。逆に言えば、タイトル獲得には6月こそがカギ。その直前に飛び出した超速打は、復調を告げるものと言えそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集