[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスが珍プレーで無死満塁脱出 ヤンキース選手の動きが発端で米賛否「馬鹿げてる」

米大リーグのエンゼルスが29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦で奪った不思議な併殺に、米ファンから賛否両論の声が上がっている。遊撃への飛球処理の際に守備妨害に。「馬鹿げてる」「走者は何をすべきだったんだ」「いい判定だ」とコメントが集まった。

エンゼルスのザック・ネト【写真:ロイター】
エンゼルスのザック・ネト【写真:ロイター】

無死満塁で遊撃への飛球が発端

 米大リーグのエンゼルスが29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦で奪った不思議な併殺に、米ファンから賛否両論の声が上がっている。遊撃への飛球処理の際に守備妨害に。「馬鹿げてる」「走者は何をすべきだったんだ」「いい判定だ」とコメントが集まった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 エンゼルスは初回無死満塁で強打者スタントンを迎えた。初球のチェンジアップを打ち上げ、インフィールドフライが宣告されて1死。問題はここからだ。二塁ベース上で捕球体勢に入ろうとした遊撃手のネトは上空を見ており、二塁に戻ろうとしたソトと接触。後ろ向きに転倒し、背中から地面に落ちた。ソトに守備妨害が宣告され2死。珍しいプレーでアウトを稼いだ。

 ソトは何が起こったのかわからないといった表情で塁審にアピールすると、ベンチから飛び出したアーロン・ブーン監督も激しいブーイングの中で猛抗議した。動画を公開したエンゼルスの地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式Xも「これはアイスホッケーじゃない……」と紹介。米ファンからは判定に賛否両論のコメントが集まった。

「じゃあソトは何をすべきだったんだ?」
「帰塁しなければよかったのか? 馬鹿げてる」
「いい判定だ」
「アーロン・ブーンはルールブックを読む必要がある」
「内野フライで腕と腰を振り上げる必要はなかった」

 ブーン監督は執拗な抗議で退場処分を受け、2死一、三塁でプレー再開。続くベルドゥーゴも一ゴロに倒れたヤンキースは無得点に終わった。接触は必然だったようにも見えるプレーだが、場内の喧騒もしばらく止まなかったようだ。

 試合はア・リーグ西地区最下位のエンゼルスが1-2で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集