[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

角田裕毅に「レッドブル2番手を争う資格」の声も 早くも昨季超える「19」に海外記者も成長指摘

現地26日に行われた自動車レースF1・第8戦モナコGPで、角田裕毅(RB)は8位入賞を果たした。8番グリッドからのスタートで、後続の追い上げもしのいで今季5大会目となるポイント獲得。海外記者は昨季と比較してここまでの数字を振り返り「中堅チームで最も安定感がある」と称賛している。

角田裕毅【写真:ロイター】
角田裕毅【写真:ロイター】

F1モナコGP

 現地26日に行われた自動車レースF1・第8戦モナコGPで、角田裕毅(RB)は8位入賞を果たした。8番グリッドからのスタートで、後続の追い上げもしのいで今季5大会目となるポイント獲得。海外記者は昨季と比較してここまでの数字を振り返り「中堅チームで最も安定感がある」と称賛している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 決勝では序盤のクラッシュなどで各チームがタイヤ交換義務を果たしたこともあり、基本的にはピットインなしというレース展開。ドライバーたちがタイヤを温存する形でスローペースとなった中、8番手からのスタートとなった角田もタイヤマネジメントをしつつ、後続の追い上げもきっちりしのぎ、8位フィニッシュで4ポイントを獲得した。

 カナダのスポーツメディア「ザ・スコア」のダニエル・バレンテ記者は自身のX(旧ツイッター)に「ユウキ・ツノダはすでに昨シーズン獲得したポイントより多くのポイントを獲得している」と指摘。ここまで8レースで19ポイントを獲得しているが、昨年は全レース合計で17ポイントだった。「ツノダは完走した過去5レース連続でポイントを獲得している。彼は中堅(チーム)で最も安定したドライバーといえるだろう」ともつづった。

 これには海外ファンから「レッドブルのペレスの座にふさわしい」「彼は昨年からよくやっている」「この男は称賛に値するし、レッドブル2番手の座を争う資格がある」「それでもレッドブルは彼を追い出したいのか??」といった声が上がっている。

 第3戦のオーストラリアGPで7位に入って今季初となる6ポイントを獲得した角田は、続く日本GPで10位入賞により1ポイント。次の中国GPでは不運な形でリタイアとなったが、マイアミGPではスプリントと本戦で7ポイントを手にして、続くエミリアロマーニャGPでも10位で1ポイントを獲得していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集