[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

欧州競馬の良血3歳馬に驚愕 短距離戦なのに20馬身差圧勝、英メディア「10馬身以上…」

欧州競馬で驚異の圧勝劇が生まれた。現地24日に英チェスター競馬場で行われた牝馬限定戦で、フェアポイント(牝3・ベケット、父ファー)がデビュー4戦目で初勝利を飾った。2着馬につけた差は何と20馬身。しかも芝1400メートルの短距離戦とあって、英専門メディアも「悠々と走って10馬身差以上の圧勝」と驚愕している。

欧州競馬1400m戦で20馬身差をつける圧勝劇が生まれた(画像はイメージです)
欧州競馬1400m戦で20馬身差をつける圧勝劇が生まれた(画像はイメージです)

英チェスター競馬場で行われた牝馬限定戦

 欧州競馬で驚異の圧勝劇が生まれた。現地24日に英チェスター競馬場で行われた牝馬限定戦で、フェアポイント(牝3・ベケット、父ファー)がデビュー4戦目で初勝利を飾った。2着馬につけた差は何と20馬身。しかも芝1400メートルの短距離戦とあって、英専門メディアも「悠々と走って10馬身差以上の圧勝」と驚愕している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 完全な一人旅となった。4頭立てで行われたレースは4コーナー手前でフェアポイントの鞍上マルコ・ジアーニ騎手がゴーサイン。脚色の差は歴然としており、並走馬はあっという間に突き放された。1発、2発とムチを入れたジアーニ騎手は後方を振り返る余裕で、最後は追うのをやめて流してゴール。2着馬に20馬身差をつける圧勝劇だった。

 英衛星放送「スカイスポーツ」の競馬専門サイト「アット・ザ・レーシーズ」の公式X(旧ツイッター)は動画を公開。「ポイント、でかした! フェアポイントがチェスター競馬場の開幕戦で悠々と走り、10馬身以上の差をつける勝利!」とつづって、衝撃を伝えている。

 大逃げなどがある長距離戦ではしばしば見られる光景だが、1400メートルの短距離戦でここまでの差がつくのは、相手レベルがあるにせよ、かなりのレアケース。ちなみにフェアポイントの全兄は仏G2ミュゲ賞など重賞5勝をマークし、フランスの名門ファーブル厩舎に所属するトリバリスト(牡5)とあって、将来が期待できそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集