[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋藍がサントリー入団会見「進化への挑戦」 背番号12の単年契約、トルコ&ポーランドが選択肢も「成長できる」SVリーグを選択

バレーボール男子日本代表の高橋藍が28日、都内で入団会見に登場した。イタリアリーグ1部・モンツァから国内Vリーグ1部王者の強豪サントリーに移籍。今夏のパリ五輪、10月からスタートする国内最高峰の「SVリーグ」でも活躍が期待される。単年契約で、契約金などは非公表。ポーランド、トルコリーグも選択肢にあったと明かしながら、「新リーグ移行で最も注目されている」などとSVリーグに期待をかけた。

サントリー入団会見を行う高橋藍【写真:中戸川知世】
サントリー入団会見を行う高橋藍【写真:中戸川知世】

契約金などは非公表も栗原GM「夢を持ってもらえるようなオファーを出した」

 バレーボール男子日本代表の高橋藍が28日、都内で入団会見に登場した。イタリアリーグ1部・モンツァから国内Vリーグ1部王者の強豪サントリーに移籍。今夏のパリ五輪、10月からスタートする国内最高峰の「SVリーグ」でも活躍が期待される。単年契約で、契約金などは非公表。ポーランド、トルコリーグも選択肢にあったと明かしながら、「新リーグ移行で最も注目されている」などと日本でのプレーを選んだ理由も明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 高橋は黒のスーツに赤のネクタイで、栗原圭介GMと登壇。背番号12のユニホームを手渡されると、シャツの上から着用。「RAN」の背ネームも見せた。「日本のサントリーサンバーズでプレーすることを選んだのは、新たな環境に身を置き、バレー選手としてさらに進化することへの挑戦。イタリアリーグでの高さ、強さを肌で感じることができ、一定の評価を獲得し、自信へとつながった。違う国のバレーに挑戦することで、さらに成長の幅が広がるのではないかと考えた」と移籍の理由を説明した。

 SVリーグを選んだ理由は「日本の緻密なバレーボールに世界トップ選手のパワーが加わることで、自身が成長できる環境だと感じた」と話し、サントリーを選んだ理由は「世界一を目指しているクラブであることが一番重要。(サントリーは)世界一を目指せるチーム。一員として戦えることが楽しみ」と明かした。「日本ファンの方の前で試合ができる機会がある。あまり日本ファンの前で試合をする機会は多くなかった。ぜひ試合に足を運んでくれると嬉しい」と呼びかけた。

 22歳の高橋は188センチのアウトサイドヒッター。京都・東山高3年時に全日本高校選手権で優勝。2020年に日体大に進学し、21年11月から世界最高峰と言われるイタリアリーグでプレー。3季目の23-24年はモンツァで中心選手として準優勝に貢献した。日本代表には20年2月に初選出。21年東京五輪でもプレーした。

 明るいキャラクター、端正な顔立ちなどから日本代表の中でも屈指の人気を誇り、インスタグラムのフォロワー数は202万人。国内外を問わず注目される存在だ。大阪を拠点にするサントリーには2歳上の兄・塁も所属しており、兄弟でのプレーにも注目が集まる。

 栗原GMは「(高橋の魅力は)なんといっても精度の高いディフェンス力、物おじしない強心臓。最近では強味のディフェンス力に加え、サーブ、スパイクといったオフェンスでもチームを牽引する存在になっている」と期待。高橋の希望で単年契約であると明かし、契約金などは非公表としたが「バレーボール選手という職業に、夢を持ってもらえるようなオファーを出した」と語った。

 来月4日から福岡・北九州で開催されるネーションズリーグ日本ラウンドから日本代表に合流予定。既にパリ五輪の出場権は獲得しているが、五輪での有利な抽選結果を得るために世界ランク上位5位以内を目指す。現地25日まで行われたブラジルラウンドを3勝1敗で終えた日本男子の世界ランクは現在4位。日本ラウンドには主将・石川祐希も参戦予定で、イラン、ドイツ、ポーランド、スロベニアと対戦する。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集