[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が衝撃の大ファウル ビジョン破壊に「請求書を送るから」商魂くすぐったNYで劇場再現に期待

米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地シティ・フィールドのメッツ戦に「2番・DH」で出場予定だったが、雨天中止に。28日(同29日)がダブルヘッダーとなり、仕切り直しとなった。大谷とシティ・フィールドといえば、昨年8月の試合で広告ビジョンを破壊する特大ファウルが記憶に新しい。当時以来のニューヨーク見参で、また衝撃を残せるか。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

シティ・フィールドで思い出される昨年8月の打球

 米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地シティ・フィールドのメッツ戦に「2番・DH」で出場予定だったが、雨天中止に。28日(同29日)がダブルヘッダーとなり、仕切り直しとなった。大谷とシティ・フィールドといえば、昨年8月の試合で広告ビジョンを破壊する特大ファウルが記憶に新しい。当時以来のニューヨーク見参で、また衝撃を残せるか。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日米の度肝を抜いたのは、8月26日(同27日)にシティ・フィールドで行われたメッツ戦。当時エンゼルスに所属していた大谷は、初回の第1打席で右翼ポール際へ大飛球を放った。これが大型ビジョンを直撃し、その一角は映像が表示されず真っ黒に。メッツはその後、大谷の成績などを紹介するビジョンに「請求書を送るからね」と表示するなど、大きな話題となった。

 MLB公式サイトは「MLBスタジアムを所有している者は将来、オオタニが来る時に特別な予防策をとる必要があるかもしれない」と特大の打球を連発することを受け、異例の警告。翌日にも球場のビジョンには「お願いだから他には何も壊さないでね、ショウヘイ」と大谷にメッセージが送られたほか、後日、大谷が破壊したビジョンのパネルがMLB公式サイトのオークションに出品された。

 さらに広告を掲出していたビール会社が“ビジョン破壊記念缶”を発売するなど、商魂までくすぐった。さまざまな話題を振りまいた大谷の2023年シーズンでも屈指の“事件簿”となった舞台。この日は「2番・DH」で出場予定だったものの、雨天中止に。負傷している太腿の回復を考えれば、恵みの雨となる可能性も十分。直近8試合ノーアーチの状況が続いているだけに“大谷劇場”の再現が期待される。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集