[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1で大クラッシュ、当事者の意見は真っ向対立 ペレス「危険な運転だ」マグヌッセン「彼は私を押し込んだ」

自動車レースのF1は、26日(日本時間27日未明)に今季第8戦モナコGPを行った。スタート直後にクラッシュが相次ぎ、赤旗でレースが中断される波乱の展開。後方から突っ込んできたケビン・マグヌッセン(ハース)と接触したセルジオ・ペレス(レッドブル)のマシンは壁に激突し、タイヤがもげるほどの衝撃を受けリタイアした。両者は真っ向から意見を対立させている。

モナコGPスタート直後に並んだセルジオ・ペレス(手前)とケビン・マグヌッセン【写真:ロイター】
モナコGPスタート直後に並んだセルジオ・ペレス(手前)とケビン・マグヌッセン【写真:ロイター】

ペレスとマグヌッセンがスタート直後に接触、いきなり赤旗中断

 自動車レースのF1は、26日(日本時間27日未明)に今季第8戦モナコGPを行った。スタート直後にクラッシュが相次ぎ、赤旗でレースが中断される波乱の展開。後方から突っ込んできたケビン・マグヌッセン(ハース)と接触したセルジオ・ペレス(レッドブル)のマシンは壁に激突し、タイヤがもげるほどの衝撃を受けリタイアした。両者は真っ向から意見を対立させている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 モナコは公道コースのためサーキットよりも幅が狭い。マシンが殺到するスタート直後に事件は起きた。ペレスが加速しようとしたところに、右後方からマグヌッセンが強引にマシンをねじ込みタイヤが接触。ペレスのマシンは回転してコースをふさぐ形になり、左右の壁に激突しながら止まった。マシンはタイヤが吹き飛び残骸のようになったものの、ドライバーに怪我はなかった。

 米スポーツ専門局「ESPN」は「モナコGPのクラッシュ:ペレスはマグヌッセンが調査されないことに唖然」と題する記事を掲載。レース内容の審査を行うスチュワードが調査しなかったことに、「ダメージの大きさと、そのダメージがどれほど危険だったかを考えると、非常に驚いている。かなり驚きだ。調査が行われない理由を聞く必要がある」と憮然としたペレスの発言を伝えた。

 続けて「本当に驚いている。“1周目はレースさせておけ”という方針だったが、いつか接触が起きるだろうと分かっていながら、全速力のままにしておくのは危険な運転だったと思う。危険な運転だ」とマグヌッセンを猛批判。「ケビンのマシンは私に近くもなく、横に並んでもいない」「単に両方のマシンが入るスペースはなかっただけ」とマグヌッセンに責があると主張した。

 一方、英専門メディア「ザ・レース」のXは「ケビン・マグヌッセンは、モナコのスタートでの大クラッシュはすべてセルジオ・ペレスのせいだと断固として譲らなかった」と発言を伝えている。マグヌッセンは「彼は明らかにスペースを空けていなかった」とペレスを非難。「私の前輪全体が、彼の後輪より前に出ていた。そして彼の左側には完全にクリアな道があった」と反論している。

「彼は私を壁に向かって押し込んできたんだ。一度に両方のマシンがクラッシュするのは良くない。最悪だ」と不満げなマグヌッセン。両者ともにリタイアに追い込まれ、レースはその後40分近く中断した。マグヌッセンは現在、年間のペナルティポイント累積が10に達しており、レース出場停止となる12が目前。このクラッシュでは調査はかからなかったが、後味の悪さが残った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集