[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ハンドボール北國銀行が10連覇達成 主将・永田美香「今までで一番の試合」被災地・珠洲に届けるV

ハンドボール日本リーグのプレーオフ決勝が26日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子の北國銀行が10連覇を達成した。レギュラーシーズン(RS)1位の北國銀行は、同3位で勝ち上がってきたオムロンと対戦。堅守からの速攻でリズムをつかみ、前半を13-10で折り返すと後半一気に突き放して28-18で快勝した。北國銀行の優勝は10シーズン連続で11回目。男子はRS1位の豊田合成が同2位のトヨタ車体との接戦を28-27で制し、4季連続4回目の優勝を果たした。

女子ハンドボール日本リーグで10連覇を達成して歓喜する北国銀行【写真:荻島弘一】
女子ハンドボール日本リーグで10連覇を達成して歓喜する北国銀行【写真:荻島弘一】

日本リーグ・プレーオフ決勝でオムロン下す、男子は豊田合成V4

 ハンドボール日本リーグのプレーオフ決勝が26日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、女子の北國銀行が10連覇を達成した。レギュラーシーズン(RS)1位の北國銀行は、同3位で勝ち上がってきたオムロンと対戦。堅守からの速攻でリズムをつかみ、前半を13-10で折り返すと後半一気に突き放して28-18で快勝した。北國銀行の優勝は10シーズン連続で11回目。男子はRS1位の豊田合成が同2位のトヨタ車体との接戦を28-27で制し、4季連続4回目の優勝を果たした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 シーズンを締めくくったのは、北國銀行の主将、永田美香のゴールだった。10点の大差で試合が終了すると、選手たちはコート上で喜びを爆発させた。「全員で楽しんでプレーしようと話していたが、それができた。今までで一番の試合ができました」。唯一10連覇のすべてを知る永田は、笑顔で言った。

 30年間チームを率い、常勝軍団を築いた前監督の荷川取義浩氏が昨シーズン限りで退任。昨年4月、元日本代表主将の東俊介氏が新監督に就任した。「最初から10連覇を目指してスタートしたので、優勝できてほっとしています。頼りない監督だったと思いますが、キャプテンの永田たち選手が支えてくれました」と話した。

男子ハンドボール日本リーグ4連覇を達成した豊田合成【写真:荻島弘一】
男子ハンドボール日本リーグ4連覇を達成した豊田合成【写真:荻島弘一】

 パリ五輪予選、アジア大会など、多くの選手を日本代表に輩出するだけに、新監督のもとでのチーム作りは簡単ではなかった。さらに、今年1月1日には地元石川県が能登半島地震で被災。金沢市内の練習場は一時使用できなくなり、日本リーグのホーム戦も中止になった。被害の大きかった珠洲市は、東監督就任直後にチーム作りのための合宿をした場所。「珠洲の方々にはお世話になったし、その後の交流も続けていた」と同監督。精神的なショックも小さくはなかったはずだ。

 それでも、チームは10連覇へ歩みを止めなかった。「スポーツどころではないというのもあるけれど、交流してきた小学生たちが『お姉さんたちも頑張っている』と少しでも元気になって、笑顔を見せてくれればと思ってやってきた」と東監督。「そういう意味でも優勝できてよかったと思っています」と続けた。

 毎年メンバーを入れ替えながら「これまで培ってきたものをつなげて」(永田主将)達成した10連覇。今季限りで永田が引退。チームの司令塔でこの日7得点の相澤菜月と、両チーム最多の8得点でプレーオフのMVPに輝いた中山佳穂の日本代表コンビはドイツのクラブへ移籍する。9月にリニューアルされる新しい日本リーグで挑む11連覇。日本の女子ハンドボールを引っ張ってきた北國銀行の新しい挑戦が始まる。(荻島 弘一)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集