[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

あのオーギュストロダンに3馬身→3着に9馬身圧倒 G1初V新星に海外興奮「今年一のパフォーマンス」

現地26日にアイルランド・カラ競馬場でG1タタソールズゴールドカップ(芝2100メートル、稍重、8頭立て)が行われ、C・キーン騎乗のホワイトバーチ(牡4・J・マーフィー、父ユリシーズ)が勝ち、G1初制覇を果たした。勝ちタイムは2分10秒20。ディープインパクト最後の産駒で英愛ダービー馬のオーギュストロダンを置き去りにする衝撃のレースぶりで自身3連勝。ライバルに雪辱するとともに、欧州中距離路線の新星として名乗りを上げた。

オーギュストロダン【写真:Getty Images】
オーギュストロダン【写真:Getty Images】

愛G1タタソールズゴールドカップ

 現地26日にアイルランド・カラ競馬場でG1タタソールズゴールドカップ(芝2100メートル、稍重、8頭立て)が行われ、C・キーン騎乗のホワイトバーチ(牡4・J・マーフィー、父ユリシーズ)が勝ち、G1初制覇を果たした。勝ちタイムは2分10秒20。ディープインパクト最後の産駒で英愛ダービー馬のオーギュストロダンを置き去りにする衝撃のレースぶりで自身3連勝。ライバルに雪辱するとともに、欧州中距離路線の新星として名乗りを上げた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 切れ味が違った。最後の直線、先に馬群から抜け出そうとしたムーア騎乗のオーギュストロダンの外から、持ったままの手応えで並びかけた芦毛のホワイトバーチ。残り400メートルを切って追い出すと200メートルほど競り合い、残り1ハロンで一気に突き放した。オーギュストロダンも食い下がるが、最後は3馬身差をつけてゴールした。3着はさらに9馬身ちぎれ、勝ち馬の強さが際立った。

 英競馬専門放送局「レーシングTV」公式X(旧ツイッター)は「ワオ!ホワイトバーチがついに宿敵オーギュストロダンをゴールドカップの舞台で倒した。なんてパフォーマンスだ」とつづって動画を公開。海外ファンからは「今日の勝ち馬は素晴らしかった」「間違いなく勝利に値した」「今年一のパフォーマンスだ」「勝ち馬の素晴らしいラストスパート」など、称賛の声が寄せられている。

 昨年の英愛ダービーではオーギュストロダンの3、8着にそれぞれ敗れていたホワイトバーチ。今季は4月のG3、5月のG2レースを連勝し、勢いに乗ってライバルに雪辱した。一方のオーギュストロダンも3月のG1ドバイシーマクラシックで12着大敗から立て直してきたものの、ホワイトバーチの切れ味に完敗。ファンからは「過大評価だ」「オーギュストロダンは正々堂々と打ち負かされた」といったコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集