[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1複数チームが怒りの声、矛先はコースに落ちた“障害物”「勝負にならない」「公平じゃないと」

自動車レースのF1は今季第8戦モナコGPが開催中だ。25日(日本時間26日未明)には予選が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得。ただこの予選の最中、コースに貼られた広告バナーがはがれ落ち、絡みついてタイムをロスするマシンが続出。チーム関係者から「勝負にならない」「全ドライバーに公平な条件でなければ」との声が上がっている。

F1第8戦モナコGPで走るマクラーレンのランド・ノリス【写真:ロイター】
F1第8戦モナコGPで走るマクラーレンのランド・ノリス【写真:ロイター】

コースわきの広告バナーがマシンに…ピットイン必要なケースも

 自動車レースのF1は今季第8戦モナコGPが開催中だ。25日(日本時間26日未明)には予選が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がポールポジションを獲得。ただこの予選の最中、コースに貼られた広告バナーがはがれ落ち、絡みついてタイムをロスするマシンが続出。チーム関係者から「勝負にならない」「全ドライバーに公平な条件でなければ」との声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ドイツのスポーツ専門局「Sport1」が「広告バナーが騒ぎを引き起こす」という記事で伝えている。

 ランド・ノリス(マクラーレン)がQ1でタイムアタックしている最中、マシンの下に一片の大きな広告が絡みついたのだという。記事は「ノリスはピットインしなければならず、Q1終了目前だったために、高速で走り切ることができなかった」と状況を伝え、マクラーレンのアンドレア・ステラ代表の「あれで3秒くらいロスした。レース中にあんなことがあったら、勝負にならない」という怒りの言葉を紹介した。

 ステラ代表はレースの公平性についても懸念しており「さもなければ、レースの結果が偶然出たものになってしまう。全ドライバーに公平な条件でなければならない」と強調したという。

 ノリスは何とかQ3まで進み4番手のグリッドを確保したが、更に苦しんだのがレッドブルのセルジオ・ペレスだ。Q1で18番手となり敗退した裏にはやはり、コースに散らばったバナーとの戦いがあり「8つ目のカーブのまさに頂点(エイペックス)に長いバナーがあって、それを避けなければならなかった」「そこで0.数秒をロスした。それがなければ次のラウンドに進めていたはず」と訴えている。

 記事は「ペレスの敗退の原因が広告バナーのせいかどうかは分からない。結果的に1位と0.5秒近くの差があったからだ。ただ、日曜のレースでも邪魔な広告バナーが影響を与えかねず、同じようなことがあれば怒りを買うことになるだろう」として、主催側の対策を求めている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集