[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米国の高校野球で前代未聞の珍プレー 「見たことない」「信じられない」誰もが目を疑う結末

米国の高校野球で、誰もが目を疑うプレーが飛び出した。中堅手がボールを捕球後、打者走者と“鬼ごっこ”を繰り広げ、本塁寸前でタッチアウトにしたのだ。現地の放送席は「信じられない」と大興奮。米ファンからも「ワイルドだ」「こんなの見たことない」と驚きの声が相次いだ。

米高校野球で生まれた珍プレーが話題だ(画像は「WOSN」公式Xより)
米高校野球で生まれた珍プレーが話題だ(画像は「WOSN」公式Xより)

本塁のクロスプレー…タッチアウトにしたのは中堅手!?

 米国の高校野球で、誰もが目を疑うプレーが飛び出した。中堅手がボールを捕球後、打者走者と“鬼ごっこ”を繰り広げ、本塁寸前でタッチアウトにしたのだ。現地の放送席は「信じられない」と大興奮。米ファンからも「ワイルドだ」「こんなの見たことない」と驚きの声が相次いだ。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 話題のプレーが飛び出したのは24日(日本時間25日)に行われたオハイオ州の地区大会決勝、フォート・リカバリー高校とマリオン・ローカル高校の一戦だ。

 6回1死無走者の場面で、11-3とリードしたフォート・リカバリー高の打者は二遊間の後方にふらふらとフライを打ち上げた。前進する中堅手と下がる内野手の間にボールは落ちてヒットに。打者走者は、がら空きとなっていた二塁に達した。

 守備側も慌ててベースカバーに入るが、そのせいで今度は三塁ががら空きに。走者は全く足を緩めずに先の塁を狙った。ボールを抑えた中堅手はアウトを奪うのを諦めず、背中を追うようにして爆走。しかし、遅れて三塁カバーに捕手が入ったため今度はホームベースに誰も守備の選手がいないという“悪循環”に陥っていた。

 走者をアウトにするにはタッチするしかない。中堅手は猛然とホームへ。走者とほぼ同時に頭から飛込み、ともに倒れこんだ。一拍置いて、審判が下した判定はアウト。コールの直後、スタンドからは大歓声が上がった。

 米オハイオ州のスポーツ専門局「WOSN」が公式X(旧ツイッター)に「中堅が本塁でタッチアウトするのを見たことある? これをどうぞ!」と題して動画を公開すると、米ファンからは様々なコメントが集まった。

「捕手と三塁手は何をしてるんだ」
「良い走塁の判断だったけど」
「俺は今、一体何を見たんだ」
「凄いね!」
「何だこりゃ」
「こんなの見たことないぞ」
「信じられない」
「ワイルドだ」

 カバーリングを徹底する日本ではなかなか見られない珍プレー。試合はそのままフォート・リカバリー高が勝利した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集