[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子バレー日本、20歳とは思えない強心臓ボーイに驚きの声 敗退寸前も動じず「メンタル化け物」

バレーボール男子のネーションズリーグは24日(日本時間25日)、ブラジル・リオデジャネイロで世界ランク3位の日本代表が同9位キューバと対戦。フルセットの激闘を制して開幕3連勝を決めた。チーム最年少の20歳・甲斐優斗は相手のマッチポイントでも堂々のプレー。スパイクを叩き込み、「メンタルがバケモノすぎる」「痺れた」などと驚きの声が上がっている。

男子バレー日本代表の甲斐優斗(奥)【写真:Getty Images】
男子バレー日本代表の甲斐優斗(奥)【写真:Getty Images】

ネーションズリーグ

 バレーボール男子のネーションズリーグは24日(日本時間25日)、ブラジル・リオデジャネイロで世界ランク3位の日本代表が同9位キューバと対戦。フルセットの激闘を制して開幕3連勝を決めた。チーム最年少の20歳・甲斐優斗は相手のマッチポイントでも堂々のプレー。スパイクを叩き込み、「メンタルがバケモノすぎる」「痺れた」などと驚きの声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 20歳ながら強心臓ぶりが光った。勝負の最終第5セットでスタートからコートに立った甲斐。先にマッチポイントを握られながら凌ぐ苦しい展開だった。17-18の場面。味方が必死につないだところでレフトの甲斐にトスが上がり、ブロック2枚をものともせずにスパイクを叩き込んだ。しかも笑顔を見せる余裕ぶりだ。

 21-20のマッチポイントでは、相手のスパイクに好反応。見事にレシーブすると、西田のスパイクに繋がって日本が勝利。先輩たちと飛び跳ねて喜んだ。ネット上の日本ファンも興奮気味で「終盤、甲斐のメンタルがバケモノすぎる」「甲斐くんほんとにかっこよかった!」「カイくんスゴすぎる」「最終セット甲斐のサーブ・ディグが特に痺れた!」「甲斐くん強心臓」などと驚きの声を上げていた。

 身長200センチの甲斐。今回のラウンドでは石川祐希や、サントリーへの移籍が発表された高橋藍が不在だが、存在感が光っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集