[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

負ければ26年の競技人生終了「今回は何が何でも」 土井レミイ杏利、ミス連発のスター軍団を救った一言【ハンドボール日本リーグPO】

ハンドボール元日本代表の土井レミイ杏利(34)が、ジークスター東京を勝利に導いた。ハンドボール日本リーグのプレーオフ(PO)が24日、東京・武蔵野の森スポーツプラザで開幕。レギュラーシーズン(RS)3位で3年連続POに進出したジークスターは第1ステージで同4位のトヨタ紡績九州と対戦。初戦の緊張からミスを連発するチームを救ったのは、キャプテン土井の一言だった。

土井レミイ杏利【写真:Getty Images】
土井レミイ杏利【写真:Getty Images】

ジークスター東京がトヨタ紡績九州に勝利

 ハンドボール元日本代表の土井レミイ杏利(34)が、ジークスター東京を勝利に導いた。ハンドボール日本リーグのプレーオフ(PO)が24日、東京・武蔵野の森スポーツプラザで開幕。レギュラーシーズン(RS)3位で3年連続POに進出したジークスターは第1ステージで同4位のトヨタ紡績九州と対戦。初戦の緊張からミスを連発するチームを救ったのは、キャプテン土井の一言だった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 過去2回出場したPOでは力を出し切れず、この日も初優勝を意識してか序盤から動きは今ひとつだった。「みんな自分がやらなければとボールを持ちすぎるなど、流れが悪かった」と佐藤智仁監督(39)。前半は点の取り合い、終盤に差をつけて16-13で折り返したものの、内容的には満足いくものではなかった。

 ハーフタイム、土井が声をあげた。「みんな、もっと仲間を頼ろう。仲間を信用しよう」。佐藤監督は「土井の声掛けが大きかった。あれで、後半の動きがよくなった」と感謝した。日本代表の東江雄斗らのゴールで差を広げ、33-28で快勝した。

「今回は何が何でも優勝したい。そのために、できることは何でもする」。初の日本一を目指す土井の思いは強い。3年前の東京五輪直前、日本リーグの大崎電気から移籍した。日本リーグ参戦2年目のチームへの移籍が注目される中「このチームを日本一にするのが、自分の仕事」と言い切った。しかし、代表クラスの選手が次々と加入しても思ったように勝てず。日本リーグPOでは1勝もできなかった。

 POに向けた会見では「何かと注目されるけれど、我々はまだ何も成し遂げていない」と話した。今年は日本代表勢の不在も長く、チーム作りが難しかった。東京五輪後に日の丸のユニホームを脱いだ土井ら元代表組、パリ五輪を目指す現代表組、将来の代表入りを目指す若手らでモチベーションはバラバラ。「それを一つにするのが自分の仕事。言っていかなければと思っています」と悲壮感さえ漂わせていた。

 PO前の会見直後、今シーズン限りでの現役引退を発表した。最後の公式戦がPO。負けた時点で26年の競技人生が終わる。「念願の初優勝を達成するために力の限りを尽くします」というコメントには、タイトルへの強い気持ちが表れていた。

 25日の第2ステージではRS2位のトヨタ車体と対戦する。RSでは2連敗している相手だが、ここで敗れれば初の決勝進出、そして初優勝もなくなる。「日本一になるためには、チームを1つにすることが大切」。寄せ集めの「スター軍団」をまとめて、キャプテン土井は最後の力を振り絞って頂点を目指す。(荻島弘一)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集