[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、晴れの日にいた納得の人物が話題「父親参観かな?」「表情が最高」 敵地で人気ぶり証明の光景も

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13連戦を終え、23日(同24日)は久々の休養日。連戦中に生まれた象徴的なシーンを振り返る。ロサンゼルスで5月17日を「大谷翔平の日」とする事が制定され、大きな話題を呼んだ。他にも80歳の“大先輩”との交流、ボールをめぐって観客が起こした行動など、様々な光景が注目を浴びた。

「大谷翔平の日」セレモニーに登場した大谷翔平【写真:Getty Images】
「大谷翔平の日」セレモニーに登場した大谷翔平【写真:Getty Images】

ドジャース13連戦を振り返る

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13連戦を終え、23日(同24日)は久々の休養日。連戦中に生まれた象徴的なシーンを振り返る。ロサンゼルスで5月17日を「大谷翔平の日」とする事が制定され、大きな話題を呼んだ。他にも80歳の“大先輩”との交流、ボールをめぐって観客が起こした行動など、様々な光景が注目を浴びた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 スーツ姿で「大谷翔平の日」が制定されたことを証明するパネルを手にした大谷。会議場でニッコリ笑顔を浮かべた。地元ニュースサイト「ロサンゼルス・デイリー・ニュース」で市役所を担当するリン・タット記者は自身のXで、「オオタニの背番号と5月がアジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間であることから、今日(5月17日)を表彰する日として選んだ」と大変な栄誉を伝えている。

 大谷の姿が話題になる中、後ろにひっそり座っていた男も話題に。柔らかい表情で、どこか誇らしげに見つめていたのがデーブ・ロバーツ監督だった。球団公式Xで公開した写真にも見切れるようにして姿がとらえられており、日本ファンからは「保護者みたいなもんかな」「父親参観かな?www」などと笑いを誘われた様子でコメントがついていた。

 13連戦の期間中には偉大な“大先輩”とも対面。14日(同15日)、敵地ジャイアンツ戦で日本人初のメジャーリーガーとして知られる「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏と対面。ドジャースの専属カメラマンを務めるジョン・スーフー氏が、80歳になった村上氏との2ショットを公開し、「すごい2ショット」などとXなどで話題になった。

 同日のジャイアンツ戦では、4回の第2打席に今季12号となる右中間本塁打を放った。オラクル・パークのライト後方に広がる海に飛び込む「スプラッシュ・ヒット」にはあと一歩及ばなかったが、飛距離136メートルの特大弾。着弾地点付近にいた米ファンはダッシュでボールを追い求め“争奪戦”が生まれるなど、敵地でもその人気ぶりが証明されるような光景だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集