[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、称賛された“124万円の使い道”が話題 相手は感激「10秒くらい呼吸もできなかった」 敵地で驚きの光景も

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13連戦を終え、23日(同24日)は久々の休養日。連戦中に生まれた象徴的なシーンを振り返る。16日(同17日)のレッズ戦では自身のボブルヘッド人形が配布され、驚きの光景も生まれたほか、少年に対する粋な行いも話題になっていた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ドジャース13連戦を振り返る

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は13連戦を終え、23日(同24日)は久々の休養日。連戦中に生まれた象徴的なシーンを振り返る。16日(同17日)のレッズ戦では自身のボブルヘッド人形が配布され、驚きの光景も生まれたほか、少年に対する粋な行いも話題になっていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 先着4万人に大谷翔平投手のボブルヘッド(首振り人形)が配布され、中には1700体のビジターユニホームを着た“レアモデル”も混ざっていたことで話題になった。平日にもかかわらず球場周辺には長蛇の列ができ、今季メジャー全体で最多の5万3527人が集結。X上の米ファンも「ショウヘイ・オオタニ効果だ」「大金が(大谷に)支払われた理由」などとざわついた。

 さらにこの日は病と闘う13歳のアルベルト・リーくんに始球式とこの日の球場スイートルーム利用権をプレゼントして話題に。大谷の契約には、毎試合のスイート利用権が含まれていると報じられており、ドジャース公式サイトの案内によると、ドジャースタジアムに設けられた「バンク・オブ・アメリカスイート」は最低8000ドル(約124万5000円)からの値段設定だ。Xでは「素敵」「プライスレス」などと称賛を浴びていた。

 この日、試合前にはアルベルトくんとサプライズ対面。目の前に現れた大谷に、アルベルトくんは目を丸くして驚いていた。ドジャース公式のX(旧ツイッター)が公開した交流の裏側を伝える動画では「衝撃だったよ。しゃべることすらできなかったし、10秒くらい呼吸もできなかった。なぜなら彼に会うのは初めてだったから」「これは人生で一度きりの出来事だと思うし、お母さんやここにいるみんなに感謝したい」と口にしている。

 敵地でも驚きの光景が生まれていた。13日(同14日)にサンフランシスコで行われたジャイアンツ戦。オラクル・パークの客席の様子を、ジャイアンツ側の地元ラジオ局「KNBR」公式Xが「今夜のオラクル・パークではドジャーブルーが目立つ」と紹介。一塁側スタンドの多くが、ブルーのグッズを身につけたドジャースファンで埋まっていた。敵地では“異様”にも見える光景。米国のジャイアンツファンからは「頭にくるなぁ」「完全に乗っ取られてる」などと様々なコメントが書き込まれていた。

 19日(同20日)のレッズ戦では自身4年ぶりのサヨナラタイムリーを放って観客を沸かせるなど、プレーでも打率.348、13本塁打とチームを牽引。毎年6月の強さが話題になるが、5月から好成績をマークしている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集