[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「脚も長いお顔も小さい」193cm女性はニッコリ 虚を突かれた敵投手は恨めし気…今季初も飛び出した大谷の3日間

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)まで本拠地で行われた同地区ダイヤモンドバックスとの3連戦を終えた。チームは1勝2敗で負け越したものの、大谷は首位打者をキープし、年間40盗塁ペースに乗せるなど、打って走って本拠地のファンを魅了した。グラウンド外では長身バスケ女子と交流し、妻・真美子さんの話で盛り上がったと思えば、グラウンド内では「今季初」の意外なプレーで相手投手を揺さぶる活躍ぶり。話題を振りまく3日間となった。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ダイヤモンドバックスとの本拠地3連戦でも躍動

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)まで本拠地で行われた同地区ダイヤモンドバックスとの3連戦を終えた。チームは1勝2敗で負け越したものの、大谷は首位打者をキープし、年間40盗塁ペースに乗せるなど、打って走って本拠地のファンを魅了した。グラウンド外では長身バスケ女子と交流し、妻・真美子さんの話で盛り上がったと思えば、グラウンド内では「今季初」の意外なプレーで相手投手を揺さぶる活躍ぶり。話題を振りまく3日間となった。

○20日(同21日) 妻・真美子さんも興味 193cm女子アスリートと大谷の会話内容が判明

 3連戦唯一の勝利を収めた試合前に始球式を行ったのは、女子プロバスケットボール(WNBA)ロサンゼルス・スパークスに所属するキャメロン・ブリンク。スタンフォード大で活躍し、24年ドラフトで全体2位指名を受けたばかりの22歳のスター候補。金髪に美しい腹筋を露わにし、同僚のリケア・ジャクソンとともにマウンドに上がって豪快な投球を見せた。

 始球式の前には大谷と対面。特にブリンクは大谷と同じ身長6フィート4インチ(約193センチ)とあって、球団公式X(旧ツイッター)が公開した2ショット写真にファンも驚き。日本人ファンからは「大谷さんより背が高くないかい? 脚も長い お顔も小さい 流石アスリート」といった声も上がっていた。米スポーツ専門局「ESPN」など、現地の全国メディアもこぞって2ショットをSNS上で拡散。大注目を浴びていた。

 また、米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は2人の会話の内容も公開。ブリンクに「どっちが背高い?」と聞かれた大谷が「あなただ!」と返して笑い合うシーンがあったと報じた。さらに大谷が、元バスケ選手として知られる妻・真美子さんがブリンクに会いたがっていると伝えたことも紹介。ブリンクは「彼の妻もバスケットボールをプレーしていたと聞いているわ。だから彼らのこと大好きなの」と感激した様子を見せていたという。

○20日(同21日) セーフティーバントの奇襲成功に米実況席驚き 敵投手は「ヘコんでるのか…」

 その試合で、大谷は第1打席の初球にまさかのセーフティーバントを敢行。打球はDバックス左腕マンティブリーのほぼ正面に転がったが、送球がそれて内野安打になった。思いもよらなかった“奇襲”に、カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス(LA)」の実況席もビックリ。解説のオーレル・ハーシュハイザー氏は「大きなサプライズだ」と語ると、実況のジョー・デービス氏は「ここでまた別のツールを見せました」と伝えていた。

 してやったりで笑顔の大谷と対照的に、虚を突かれたマンティプリーがひざに手をつき、大谷を恨めしそうに見つめている対照的な姿を、専門メディア「ドジャースネーション」がXで動画を公開。日本人ファンからは「ピッチャーめっちゃ怒ってるのかヘコんでるのか」など、大谷の“今季初”を食らったマンティプリーの心情を想像していた。

○21日(同22日) 2盗塁の激走でビリビリのユニホーム 米記者は「6ツールプレーヤー」の冗談も

 先発右腕フォートに序盤から抑え込まれていた4回、この日の第2打席を迎えた先頭打者の大谷が左翼線二塁打を放ち、チーム初安打を記録した。すると、1死後に三盗を成功。送球がそれる間に本塁を陥れた。相手が無警戒の中、一人で1点をもぎ取った大谷。激走のおかげでユニホームのズボンの左膝部分が破れてしまった。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のビル・プランケット記者は「6ツールプレーヤー 彼は縫い合わせて、次のイニングまでには新品よりも良いものにしてくるだろう」とXで投稿。大谷が野球選手としてすべてを備えた「5ツールプレーヤー」であることにかけてジョークを飛ばしたほどだ。

 さらに、6回1死三塁の打席では、土で汚れたユニホームのまま右前適時打。さらに二盗にも成功し、ズボンの左膝の穴はさらに大きく広がってしまっていた。8回の打席ではズボンを履き替えたようで、左膝にできていた穴は消えていたが、「スポーツネットLA」の解説ハーシュハイザー氏は「彼はズボンを変えるようだ。あれら(破れたズボン)はオークションに出品されるだろう」と笑いながらも予想していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集