[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に“奇襲”許した左腕を敵地局が絶賛「仕事したも同然」 本人がっかりも「うまくやった」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地で行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席でセーフティバントを仕掛け、見事成功させた。相手左腕のジョー・マンティプリー投手は膝に手をつき、大谷をうらめしそうに見つめていたが、ダイヤモンドバックスの放送席はその投球を絶賛。「もう仕事をしたも同然だ」と称えている。

初回の第1打席でセーフティバントを仕掛けたドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
初回の第1打席でセーフティバントを仕掛けたドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

Dバックスのマンティプリー、バント安打の大谷がうらめしそうだったが…

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地で行われたダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発。初回の第1打席でセーフティバントを仕掛け、見事成功させた。相手左腕のジョー・マンティプリー投手は膝に手をつき、大谷をうらめしそうに見つめていたが、ダイヤモンドバックスの放送席はその投球を絶賛。「もう仕事をしたも同然だ」と称えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 誰もが意表をつかれた。大谷は初回1死無走者で迎えた第1打席、マンティプリーがモーションに入るとバントの態勢に。シンカーにうまくバットを合わせると、ボールはマウンドのやや三塁寄りに転がった。マンティプリーは慌ててひろい、一塁に送球。送球がそれてセーフとなり、内野安打が記録された。

 笑顔の大谷と対照的に、虚を突かれたマンティプリーはひざに手をつき、大谷をうらめしそうに見つめている。ただダイヤモンドバックス向け放送局「DバックスTV」の評価は違ったようだ。

 試合後番組で、実況のスティーブン・バーシオーム氏は「ダイアモンドバックスの作戦は、ジョー・マンティプリーをオープナーとして起用し、3人のうち2人が左バッターである初回の上位3選手ベッツ、オオタニ、フリーマンを抑えて、その後セコーニへと引き継ぐというものでした。実際初回はうまくいきました。今シーズン初めてのオープナーでしたがうまくやりましたね」と伝えている。

 マンティプリーは1回無失点で交代。2番手のセコーニが3回にイニング3本塁打を浴びるなど、6失点して4-6で敗れた。解説のボブ・ブレンリー氏もマンティプリーについて「そうだね、ショウヘイ・オオタニをバントヒットに抑えたらもう仕事をしたも同然だよ」と笑いながら称えている。

 さらに「そのあとフリーマンをダブルプレーに仕留めている。ジョーは我々が初回に望んでいたことをやってくれたね」と33歳左腕の働きを収穫に挙げていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集