[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「14の2に抑えていたのに…」 最後に大谷翔平にサヨナラ喫した敵地紙落胆「最ももどかしい結末」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地レッズ戦に「2番・DH」で出場し、延長10回に移籍後初、自身4年ぶりのサヨナラタイムリーを放った。チームは3-2で勝利。それまで大谷を4試合で14打数2安打に抑えていたレッズの地元紙は「最もふさわしく、最ももどかしい結末かもしれない」と悔しさを露わにしている。

レッズ戦、サヨナラタイムリーを放ち祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズ戦、サヨナラタイムリーを放ち祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

移籍後初のサヨナラタイムリー

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地レッズ戦に「2番・DH」で出場し、延長10回に移籍後初、自身4年ぶりのサヨナラタイムリーを放った。チームは3-2で勝利。それまで大谷を4試合で14打数2安打に抑えていたレッズの地元紙は「最もふさわしく、最ももどかしい結末かもしれない」と悔しさを露わにしている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 5万2656人の観客が総立ちで熱狂した。2-2で突入した延長タイブレーク。大谷は10回2死一、二塁の場面で打席に立つと、右腕ディアスの速球を弾き返した。右翼線への打球で、二塁走者が生還。移籍後初となるサヨナラタイムリーで試合を決めた。一塁を駆け抜けた大谷は同僚たちにもみくちゃにされ、最後は水をかけられて手荒い祝福を受けた。表情は笑顔だった。

 歓喜に沸くドジャースと対照的に、落胆を隠せないのがレッズの地元紙「ザ・シンシナティ・エンクワイアラー」だ。「ショウヘイ・オオタニが10回にサヨナラ打、ドジャースがレッズを敗戦とともにホームに送る」と題する記事で、3勝7敗に終わったロード10連戦を振り返った。8連敗を止める好スタートで遠征を始めたものの、その後は負け越し。地区最下位に転落してしまった。

 そんな敵地連戦の最後が大谷の一打によるサヨナラ負け。「そこまで14打数2安打に抑えていたショウヘイ・オオタニによる10回2死の単打、レッズにとって大部分は容易に忘れられる遠征において、最もふさわしく、最ももどかしい結末かもしれない」と悔しさを隠せなかった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集