[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太に観客総立ち! 驚異の防御率0.84はMLB史上No.1デビュー、また7回0封にX熱狂「惑星最高」 カブスサヨナラ勝ち

米大リーグ・カブスの今永昇太投手の評価が高まっている。13日(日本時間14日)の敵地ブレーブス戦では5回7安打無失点の好投。試合は0-2で敗れ、勝ち負けはつかなかったが防御率はメジャーで唯一の0点台となる0.96となった。MLB公式サイトは記者41人によるサイ・ヤング賞の模擬投票を実施。今永はナ・リーグで3位という高評価を受けている。

カブスの今永昇太【写真:ロイター】
カブスの今永昇太【写真:ロイター】

パイレーツ戦で7回無失点の好投、6勝目ならずも貢献

 米大リーグ・カブスの今永昇太投手が18日(日本時間19日)、本拠地パイレーツ戦に先発。勝ち星こそつかなかったが7回4安打無失点、7奪三振の快投で防御率を0.84まで向上させた。チームは0-0の9回に4番クリストファー・モレル内野手がサヨナラ打。連敗を2で止めている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 また好投だ。今永は初回先頭に四球を与えたものの、4回2死から4番オリバレスに内野安打を打たれるまで安打を許さなかった。7回、2死から連打を浴びてこの日初めて得点圏に走者を背負うが、テーラーを低めの変化球で3球三振に仕留めた。0-0のまま8回のマウンドには上がらず、6勝目はならなかったものの、防御率は驚異の0.84になった。

 最後の打者を抑えて吠えた今永には、リグレー・フィールドの観客からスタンディングオベーションが送られた。好投には早朝のX上も沸いた。「いやほんと昇太今永誰か止めてくれ 最強すぎる」「惑星最高の投手、今永昇太」「ERA(防御率)が大変なことに」などと日本ファンの興奮の声が上がった。

 メジャー移籍1年目の今永。防御率はメジャートップと、カブス先発陣を牽引しており、新人王、サイ・ヤング賞を予想する声も早くも上がっている。防御率0.84は、防御率が公式記録になった1913年以降、メジャーデビューからの9試合の先発で歴代No.1の数字であると、MLB公式のサラ・ラングス記者が自身のXで伝えている。

 カブスは0-0の9回にモレルが中前にサヨナラ打。ベリンジャーのホームイン時にタッチした捕手がボールをこぼし、リプレー検証が行われたが判定は変わらなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集