[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷と比較され続ける男が“OPS2.239”の衝撃 目覚めたジャッジの5試合、異次元の数字に米注目

米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手の大爆発が止まらない。17日(日本時間18日)に行われたホワイトソックス戦では、時速114.4マイル(約184.1キロ)、飛距離433フィート(約132メートル)という豪快弾。さらに直近の5試合で残した数値が歴史に残るレベルだという。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

打率1割台に低迷していたジャッジ、直近5試合のOPS2.239

 米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手の大爆発が止まらない。17日(日本時間18日)に行われたホワイトソックス戦では、時速114.4マイル(約184.1キロ)、飛距離433フィート(約132メートル)という豪快弾。さらに直近の5試合で残した数値が歴史に残るレベルだという。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 本拠地ヤンキースタジアムで行われたホワイトソックス戦、「3番・中堅」で先発したジャッジは初回2死無走者で迎えた打席、カウント3-1から右腕クレビンジャーの低め速球を豪快に引っ張った。打球はロケットのように左翼ポール際の2階席へ一直線。先制の12号ソロとなった。

 MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のX(旧ツイッター)で「アーロン・ジャッジ 時速114.4マイル プレーオフを含み、時速114マイル以上で37本塁打」とツイートし「スタットキャスト(2015年以降、ポストシーズンを含む)では、ジャンカルロ・スタントン(68本)だけがこれより多い」と指摘。ジャッジのメジャーでも図抜けたパワーに驚いている。

 またジャッジはこの日、残る3打席で四球を選んでおり、12日のレイズ戦以降の5試合で残した数字が歴史に残るレベルだという。16打数10安打、そのうち二塁打が5本、本塁打が3本。7四球を選んでおり出塁率.739、長打率は1.500に及ぶ。OPSは2.239だ。

 サラ記者は別の投稿で「アーロン・ジャッジのここ5試合でのOPS2.239は、彼のキャリアの5試合という期間で最高記録だ」と指摘。さらに、5試合でこれだけ高いOPSを残したヤンキースの選手として2007年のアレックス・ロドリゲスや2006年、2005年のジェイソン・ジオンビ。さらにさかのぼればミッキー・マントルやジョー・ディマジオ、ベーブ・ルースといったスーパースターの名を挙げている。

 今季のジャッジは4月を終えて打率.206と低迷。ただ5月は打率.408、6本塁打という大爆発だ。2022年にはア・リーグ新記録となるシーズン62本塁打を記録し、メジャーのスターとして大谷翔平と比較される存在。今季はどこまで数字を伸ばしてくるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集