[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、納得いかない微妙判定後にド軍OBが絶賛 流石の技術で「イチローだ」「足が踊るよう」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場して4打数2安打1四球と気を吐いたが、チームは1-4で敗れた。微妙な判定で2度の見逃し三振を喫したものの、最終盤で見せた抜群の技術にMLB通算204勝投手は「あのヒットはイチローでした」と絶賛している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ジャイアンツ戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場して4打数2安打1四球と気を吐いたが、チームは1-4で敗れた。微妙な判定で2度の見逃し三振を喫したものの、最終盤で見せた抜群の技術にMLB通算204勝投手は「あのヒットはイチローでした」と絶賛している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 逆らわずに打ち返した。1-4とリードされた9回2死一塁で迎えた大谷の第5打席。100マイルを超える剛速球を誇る守護神ドバルの前に2-2と追い込まれたが、5球目の外寄り101マイル(約162.5キロ)に腕を伸ばし、上手くミートする形でレフト前にはじき返した。

 これには通算204勝のドジャースOBも舌を巻いた。米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」で解説を務めたオーレル・ハーシュハイザー氏は「あのショウヘイのヒットはとてもイチローでした。イチローはよくあのように打っていました。足が少し踊るようになって、軽く走り出すようになりながら、それでも体と手をコントロールし、うまくバットに当てました」と絶賛した。

 この打席の前まで、大谷は2度も微妙な判定の前に見逃し三振。3回の第2打席は低めのスライダーをストライク判定され、7回2死一塁での第4打席では、自信を持って見逃した外角高めをストライクとコールされ、ともに静かに首を振ってやや納得いかないような反応も見せていた。そんな状況での巧みな一打とあって、ハーシュハイザー氏も称えずにはいられなかったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集