[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が発した褒め言葉は「傷口に塩だ」 136m弾浴び敵地番記者が大荒れ…「素敵な球場」さえ苦々しい

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地サンフランシスコで行われたジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場し、12号ソロを含む3安打を記録した。チームも10-2で大勝。これに落胆しているのが敵地の番記者だ。大谷のヒーローインタビューでの言葉に「傷口に塩」を塗りこまれたような心境に陥ったという。

ジャイアンツ戦に先発出場し、12号HRを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ジャイアンツ戦に先発出場し、12号HRを放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

136m本塁打含む3安打2打点の活躍、宿敵ジャイアンツからすれば…

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地サンフランシスコで行われたジャイアンツ戦に「2番・DH」で先発出場し、12号ソロを含む3安打を記録した。チームも10-2で大勝。これに落胆しているのが敵地の番記者だ。大谷のヒーローインタビューでの言葉に「傷口に塩」を塗りこまれたような心境に陥ったという。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は初回の打席で左飛に倒れたものの、4回先頭の第2打席で右中間へ飛距離136メートルの特大弾。5回無死一塁では中前打を放ち、7回には無死三塁から左翼へ適時二塁打を運んだ。3安打2打点の活躍で、試合後はグラウンドで地元局「スポーツネットLA」のインタビューを受けた。

 同局が公式X(旧ツイッター)で公開した動画によると、ドジャースとジャイアンツのライバル関係をどう感じたかという問いに大谷は「(オラクル・パークは)クラシックで素敵な球場というか、好きな球場の一つですし、ファンの人たちも熱狂的で、いいゲームだったなと思います」と答えた。本塁打については「初球から比較的甘いボールをしっかり振れたので、その結果かなと思います」と意図通りの打撃だったとしている。

 これに反応したのが、ジャイアンツの地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」のダルトン・ジョンソン記者。自身のX(旧ツイッター)で「サンフランシスコで、ドジャースとジャイアンツのライバル関係を初めて味わったことについて尋ねられたショウヘイ・オオタニは、いかにここの景色が美しいか話し、ここで本塁打を打つバリー・ボンズを見ていた思い出について語った」とつづった後に、こう残している。

「傷口に塩だ」

 大谷はこの日の本塁打が、オラクル・パークでの初本塁打。素直に敵地の球場をほめた言葉が、敗者にはトゲのあるものとして突き刺さったようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集