[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最下位エンゼルス監督に同情の声「不可能な状況」 再建の考え否定→数日後に「成長」強調の哀愁

米大リーグ・エンゼルスの先の見えない現状に、米番記者が頭を抱えている。13日(日本時間14日)の本拠地カージナルス戦では、4-0でリードした7回に8点を一挙に失い、5-10と逆転負け。地区最下位に沈んでいる。米記者は、この試合後の会見でロン・ワシントン監督と交わしたやり取りをSNS上で公開。米ファンからは指揮官に対する同情の声も寄せられている。

エンゼルスのロン・ワシントン監督【写真:ロイター】
エンゼルスのロン・ワシントン監督【写真:ロイター】

地区最下位に沈む

 米大リーグ・エンゼルスの先の見えない現状に、米番記者が頭を抱えている。13日(日本時間14日)の本拠地カージナルス戦では、4-0でリードした7回に8点を一挙に失い、5-10と逆転負け。地区最下位に沈んでいる。米記者は、この試合後の会見でロン・ワシントン監督と交わしたやり取りをSNS上で公開。米ファンからは指揮官に対する同情の声も寄せられている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 長い長い悪夢のイニングだった。4-0で迎えた7回。2番手右腕のシンバーが先頭のアレナドにソロを被弾すると、2連打を浴びて無死一、二塁に。ここでムーアが登板するが流れを変えることはできなかった。さらに2連打で2点差とされると、その後は押し出しの四死球も絡み、一挙8失点。5-10の逆転負けで、この時点で15勝27敗。首位と8.0ゲーム差がついた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレティック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は自身のXで「これが今夜のロン・ワシントン監督とのやり取りだ」と記し、会見での指揮官の発言を紹介。文脈を理解するための補足として、「数日前に、彼はエンゼルスは『今勝つ』モードで、『私たちはまだプレーオフ(PO)を目指している』と話したばかり。彼は再建の考えを完全に否定した」とつづった。

 記者の「今の現状をどう感じているか、これをどのようにすれば抜け出せるか?」という質問に対し、ワシントン監督は「私たちは成長している。8回まではいい試合をしていた。9回には守備のミスがいくつかあった。しかし、私たちは成長している。7回に起こったことは予想していなかった。彼らはとても信頼できる存在だったが、今夜はそうはいかなかった」と返答したという。

「成長」という言葉が気になった記者は「どこに成長を感じているのか」と質問。指揮官は「アデルは成長している。オホッピー、ネト、パリスでさえ成長している。我々の投手陣は成長している。あなたはもしかすると『もっと試合に勝つこと』を成長と見ているのかもしれない」「どのように見るかによって変わるんだ」などと若手の奮闘を強調した。

 PO進出を目指すためには当然勝利が求められるが、「もっと試合に勝つこと」ではない部分に成長を見い出さないといけない状態。同投稿には米ファンから「ワシントンに同情するよ」「ロンは監督するためにいて、チームを再建するためにいるのではない」「この男は不可能な状況に置かれている。これは本当に酷いロースターだ」と難しい舵取りを任された新監督に同情の声も寄せられている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集