[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、136m特大弾後の新ポーズ披露に日米ファン連想「タケノコ?ロケット?」「トトロだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地サンフランシスコで行われたジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場し、4回の第2打席に今季12号となる右中間本塁打を放った。日米ファンはベンチに戻ってから大谷が見せたセレブレーションに注目。他競技のスーパースターを重ね合わせる声や、「トトロだ」「タケノコ?」といったほのぼのポーズを思い出す声が上がっている。

ジャイアンツ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ジャイアンツ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地サンフランシスコで行われたジャイアンツ戦に「2番・DH」で出場し、4回の第2打席に今季12号となる右中間本塁打を放った。日米ファンはベンチに戻ってから大谷が見せたセレブレーションに注目。他競技のスーパースターを重ね合わせる声や、「トトロだ」「タケノコ?」といったほのぼのポーズを思い出す声が上がっている。

 完璧にはじき返した。4回先頭で打席に立った大谷。右腕ウィンの初球スライダーを叩くと、打球は右翼方向へ伸び、スタンド上段の通路へ飛び込んだ。右翼スタンド後方の海に飛び込むオラクル・パーク名物の「スプラッシュ・ヒット」とはならなかったが、打球速度113.4マイル(約182.5キロ)、飛距離446フィート(約136メートル)の豪快な一撃に、スタンドはどよめいた。

 大谷はベンチに戻ると、グラウンドに背を向けながら手のひらを胸の前で合わせ、そのまま上に伸ばして大きく万歳するようなポーズをコーチや選手の前で披露。米専門メディア「ドジャース・ネーション」がX(旧ツイッター)で「ショウヘイ・オオタニは立ち寄る全ての都市で必見だ。前にも言ったがもう一度言う。29歳のスーパースターは即戦力。お金に見合った価値がある」とつづって動画を公開した。

 これには米ファンから「ファンタスティック」といった声だけでなく「レブロン オオタニ」といったコメントが。レブロン・ジェームズがチョークの粉を両手で上空に飛ばすボーズと重ね合わせたようだ。

 日本人ファンからは「タケノコ?ロケット?可愛い」「たけのこ生やしておられるwww楽しそうで何よりwwwww」「さいた~さいた~ちゅりーっぷのはなが~」などほのぼのとした反響が。また「トトロ」「スプラッシュポーズや元気玉というよりもトトロだった」と人気ジブリアニメのキャラクターを思い出すコメントも寄せられている。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集