[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

卓球中国女子の非情選考で異論続出 母国メディアが糾弾した五輪選考方針「不満出てくるのは当然」

中国卓球協会は14日、今夏のパリ五輪の男女代表選手を発表した。男子シングルスは世界ランキング1、2位をそのまま選出し、3、4位がそれぞれ団体戦要員、リザーブと序列通りの結果。一方で、女子は序列は崩した選出となった。中国メディアは異を唱えるファンの声をまとめた特集記事を展開。卓球協会の方針変更を受け「不満が出てくるのは当然」と伝えている。

ワン・マンユ【写真:ロイター】
ワン・マンユ【写真:ロイター】

中国卓球協会がパリ五輪代表を発表

 中国卓球協会は14日、今夏のパリ五輪の男女代表選手を発表した。男子シングルスは世界ランキング1、2位をそのまま選出し、3、4位がそれぞれ団体戦要員、リザーブと序列通りの結果。一方で、女子は発表前日までの序列が崩れた選出となった。中国メディアは特集記事を展開。卓球協会の方針変更を受け「不満が出てくるのは当然」と伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 今回、女子シングルスの代表となったのは世界ランキング1位の孫頴莎と同2位陳夢の2人。団体戦を戦う3人目に同3位の王曼昱、同4位の王芸迪というラインナップとなった。形式上は1~4位までが順当に選ばれたように見えるが、前日までの世界ランキングは1位孫頴莎、2位王曼昱、3位王芸迪、4位陳夢だった。最後の最後に状況が変わったことに国内でも議論が沸き起こっている。

 中国メディア「新浪体育」は「王曼昱がシングルス落選!ファンは3つの疑問を提示。8冠が選ばれず2冠が選ばれた」との見出しで記事を掲載。「中国卓球協会からパリ五輪出場選手の名簿が発表されたが、王曼昱は女子シングルス代表に落選し、団体戦にのみ出場することとなった。この名簿が発表されるやいなや、ファンからは不満の声が噴出した。とりわけ、王曼昱のファンからは3点について疑問の声が上がっている」と選考への疑問を伝えている。

 記事では陳夢と王曼昱のここまでの実績を比較。「パリ五輪周期(前回の五輪から次の五輪までの期間)の規模の大きな大会における優勝回数を見ると、王曼昱は明らかに陳夢を上回っている」「王曼昱は8回優勝しているが、陳夢の優勝回数は2回にとどまる」と王曼昱のほうが上であることを指摘している。さらに「国外選手に負けた回数を見ても、王曼昱は3回だが陳夢は4回だ。更に、王曼昱は8回も陳夢を破っている」と、対外国勢の成績と直接対決の成績についても触れている。

 にもかかわらず、2人の序列が逆転してしまった理由として、同メディアは「王曼昱が陳夢に抜かれたのは、王曼昱が直近のサウジスマッシュで国外選手に敗れ、陳夢が同じサウジスマッシュで優勝したからに他ならない」という声を紹介。11日までサウジアラビアのジッダで行われた国際大会「サウジスマッシュ」の女子シングルスの結果も併せて紹介している。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集