[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の腰の張り交代「エンゼルスだったら…」 “悪夢”を思い返したファンが意外な指摘

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地パドレス戦に「2番・DH」で先発し、3打数無安打1四球で5-0の勝利に貢献した。しかし、腰の張りで大事を取り、9回に代打を送られて交代。日本人ファンは「エンゼルスだったら出続けたと思う」と指摘している。

腰の張りで途中交代したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
腰の張りで途中交代したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平は代打で交代

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、敵地パドレス戦に「2番・DH」で先発し、3打数無安打1四球で5-0の勝利に貢献した。しかし、腰の張りで大事を取り、9回に代打を送られて交代。日本人ファンは「エンゼルスだったら出続けたと思う」と指摘している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 この日の大谷は左飛、左飛、四球、投ゴロ。第5打席が回ってきた9回に代打を送られた。今季3度目の途中交代となった。米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」は、試合後番組でデーブ・ロバーツ監督の会見を放送。指揮官は「無理はさせたくなかった」と腰の張りで交代させ、心配度合いは「最小限だ」と軽症を強調した。

 13連戦の2戦目。今季41試合のうち、大谷は40試合に出場し、打率.352、11本塁打など活躍してきた。大事に至らないことが願われる中、日本人ファンは大谷ならではの意外な視点で注目。Xには「エンゼルス時代とは違って無理しないのが偉い!」「戦力的余裕がある」「ドジャースだから大丈夫」「エンゼルスのままだったら腰の張り程度だったら出続けたと思う」と感心や安堵の声が上がった。

 昨季まで所属したエンゼルスではチーム状況や自らの意思を踏まえ、多くの試合に出場してきたとされている。特に昨季は脇腹痛で“悪夢”を見たファンも多く、層の厚いドジャースとの違いを指摘する人もいるようだ。ダルビッシュ有が先発予定の12日(同13日)のパドレス戦について、指揮官は「変わる可能性があるが、おそらく休みを与えることになるだろう」と欠場も選択肢に入れていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集