[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ド軍の数字を壊し続ける大谷翔平 球団27年間で「14」の希少記録まであと「5」、たった2か月で…

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾で、メジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点の活躍で6-3の勝利に貢献した。米記者はチームの26年間での記録に迫る“打撃だけではない数字”に注目している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾で、メジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点の活躍で6-3の勝利に貢献した。米記者はチームの26年間での記録に迫る“打撃だけではない数字”に注目している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 また一つ、大谷がドジャースの歴史を塗り替えそうな記録が見つかった。それは絶好調の打撃とともに、数字を伸ばしている盗塁。この日も4回の第3打席で右前打を放って出塁すると、2死一、三塁から二盗を陥れた。6回に四球で出塁した際も2死一、三塁の場面で無警戒の中で二盗に成功。これで今季9個目となり、ベッツを抜いてチームトップに浮上した。

 全米野球記者協会員のエリック・スティーブン記者は自身のX(旧ツイッター)に「1997年-2023年:ドジャースのDHありの594試合で、DHが盗塁したのは14回」「2024年:(ほぼ)37試合で、ショウヘイ・オオタニの盗塁数は9回」と投稿。過去27シーズンで球団が築き上げたDHの総盗塁数を、40試合にも満たない大谷が、あと「5」にまで迫っているという。

 打者専念の今季はシーズン前から走力強化にも注力してきた大谷だけに、もはや新記録達成は“秒読み”段階。またも新記録の項目に「Ohtani」の名前が刻まれそうだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集