[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3戦4発、大谷が見せる「絶好調の瞬間だ」 米記者が指摘する豪打のヒミツ「3本で401mだ」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地で行われたマーリンズ戦の初回に11号2ランを放ち、大リーグ単独トップに立った。4日(同5日)のブレーブス戦から3試合連続、4本目の本塁打。米記者は前日からの3発がいずれも引っ張らずに中堅へ運んだ打球である点に注目し、驚きの言葉を並べている。

マーリンズ戦、11号を放ちフリーマンに祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
マーリンズ戦、11号を放ちフリーマンに祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

6日からの3本塁打はいずれもバックスクリーンへ一直線

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地で行われたマーリンズ戦の初回に11号2ランを放ち、大リーグ単独トップに立った。4日(同5日)のブレーブス戦から3試合連続、4本目の本塁打。米記者は前日からの3発がいずれも引っ張らずに中堅へ運んだ打球である点に注目し、驚きの言葉を並べている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回1死一塁で打席に立った大谷は、右腕ムニョスの5球目を真っすぐ中堅へはじき返した。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の大アーチがバックスクリーンに飛び込み、大リーグ単独トップに浮上した。

 大谷は5日(同6日)のブレーブス戦での2本塁打も、いずれも中堅方向だった。中堅左のスタンド中段まで飛んだ10号は、実に飛距離464フィート(約141.5メートル)という特大弾。左打者が引っ張らずに本塁打を量産していることに、米記者はそろって驚いている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のアルデン・ゴンサレス記者は自身のX(旧ツイッター)で「ここ10イニングで、ショウヘイ・オオタニは3本塁打。総飛距離は1317フィート(約401メートル)だ。そのいずれも引っ張っていない」と強烈な印象を受けた様子だ。

 また米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のドジャース番ファビアン・アルダヤ記者も「全てが中堅/左中間だ。これぞ、彼のスイングが絶好調の瞬間だ」として、打球方向にこそ絶好調の秘密が詰まっているとみている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集