[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷5月も記録ラッシュ 124年で歴代3位の長打、長打、長打…比較はディマジオ、ラジョイの伝説選手

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾でメジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点、1四球2盗塁の活躍で6-3の勝利に貢献した。5月も記録的な活躍が続いており、MLB記者はメジャー124年の歴史で歴代3位の大暴れであると紹介している。

第1打席で11号2ランを放ち、祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
第1打席で11号2ランを放ち、祝福されるドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

マーリンズ戦で11号、3戦4発の大暴れ

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地マーリンズ戦に「2番・DH」で先発出場。第1打席で11号2ランを放った。打球速度107.6マイル(約173.1キロ)、飛距離441フィート(約134.4メートル)の特大弾でメジャー単独トップに浮上。3打数2安打2打点、1四球2盗塁の活躍で6-3の勝利に貢献した。5月も記録的な活躍が続いており、MLB記者はメジャー124年の歴史で歴代3位の大暴れであると紹介している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回無死一塁の第1打席。相手先発ムニョスの投球を中越えにはじき返した。大歓声の中、豪快な打球は11号2ランに。前日のブレーブス戦で2本塁打を放ち、両リーグ最多タイの10号に到達していたが、これでメジャー単独トップになった。

 大谷は54安打、14二塁打、11本塁打、打率.370、長打率.705、OPS1.139、長打26、塁打103、ISO(長打力を測る指標).336などでメジャートップ。5月に入って出場した4試合で15打数10安打、4本塁打、8打点。打率.667、OPS2.189という大爆発ぶりだ。

 試合中、MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のXで「ショウヘイ・オオタニの長打26本は、ドジャースでの最初の36試合で史上最多」「ドジャースでの最初の36試合で他のどの選手よりも2本多い」と、1901年以降でのドジャース記録になったと伝えた。

 MLB記録について詳しいラングス記者の投稿は試合後も止まらず、大谷については「少なくとも1901年以降、あるチームでの最初の36試合での最多長打数」で歴代3位になったと紹介。28本で1位の殿堂入り選手ナップ・ラジョイ(フィリーズ)、27本で2位のジョー・ディマジオ(ヤンキース)に次ぎ、26本を放っている。

 さらに1901年以降の記録において「ショウヘイ・オオタニのドジャースでの最初の36試合で103塁打は、他の選手より11個多い」と球団史上No.1の塁打数であるとも伝えられた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集