[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界が注目する大谷翔平の“背後” 1試合2発で瞬く間に拡散される映像に「世界規模の広告効果」の声

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場し、今季初となる1試合2本塁打を放つなど4打数4安打3打点の活躍で、5-1の勝利の原動力となった。衝撃と歓喜をもたらしたアーチの映像はX(旧ツイッター)などSNSで瞬く間に拡散していることで、中継に映る“大谷の背後”への注目度も上昇の一途。ネット上では「世界規模の広告効果」「爆上がり」といった声が上がっている。

ブレーブス戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ブレーブス戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ブレーブス戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発出場し、今季初となる1試合2本塁打を放つなど4打数4安打3打点の活躍で、5-1の勝利の原動力となった。衝撃と歓喜をもたらしたアーチの映像はX(旧ツイッター)などSNSで瞬く間に拡散していることで、中継に映る“大谷の背後”への注目度も上昇の一途。ネット上では「世界規模の広告効果」「爆上がり」といった声が上がっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 日本のゴールデンウィーク最終日の早朝に大谷がかっ飛ばした2本のホームラン。変化球を完璧に捉えた初回の9号ソロもさることながら、464フィート(約141.5メートル)の特大弾となった8回第4打席の10号2ランの衝撃はファンを喜ばせた。

 2本の本塁打の映像は球団やMLB、さらには各メディアや記者のSNSで拡散。この映像にはバックネット裏の広告も映っており、そのほとんどが日本企業によるものだ。初回の9号の時は100円ショップで知られる「ダイソー」のピンクの広告が展開され、8回の打席では医薬品製造や資源素材などを手がける「興和」の主力商品「バンテリン」の広告が掲示されていた。前日の8号の際もバックネットには「ANA」「木下グループ」が映し出されており、日本企業が目立っていた。

 これにはネット上の日本人ファンから「世界規模の広告効果」「どこの国の球場か錯覚する」「映った会社、株爆上がりだな」「打てば打つほど儲かる」「こりゃ1014億円もらう選手なワケだ」「大谷さんへのスポンサー料なんて安いもんだ」といった声が上がっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集