[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

角田裕毅が「大きな仕事」 元王者との熾烈バトルから7位入賞に海外絶賛「本当に輝いている」

自動車レースF1第6戦のマイアミGPが5日(日本時間6日)に米フロリダ州マイアミガーンズで行われ、角田裕毅(RB)が今季自己最高に並ぶ7位入賞を果たした。中盤の絶妙なオーバーテイクなど、抜群のドライビングに海外のファンからも「素晴らしいドライブ」「大きな仕事」といった声が上がっている。

マイアミGPで7位入賞を果たした角田裕毅【写真:ロイター】
マイアミGPで7位入賞を果たした角田裕毅【写真:ロイター】

F1マイアミGP

 自動車レースF1第6戦のマイアミGPが5日(日本時間6日)に米フロリダ州マイアミガーンズで行われ、角田裕毅(RB)が今季自己最高に並ぶ7位入賞を果たした。中盤の絶妙なオーバーテイクなど、抜群のドライビングに海外のファンからも「素晴らしいドライブ」「大きな仕事」といった声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米国のF1ファンをうならせた。10番手スタートとなった角田はオープニングラップで1つ順位を上げて9位で周回。4周目に10番手に下がったものの、常に前方にプレッシャーをかけるドライビングでチャンスをうかがった。20周目までに上位勢がピットインする中で、角田はステイ。28周目に入ったところでサージェント(ウィリアムズ)がクラッシュしてセーフティーカーが入ると、絶妙のタイミングでピットに入り、順位を7位に上げた。

 コースに戻ると、背後にいた元王者ハミルトン(メルセデス)と熾烈なバトルを展開。8番手に落ちるも、39周目に4番手争いをしていたピアストリ(マクラーレン)がアクシデント発生で順位を下げ、角田は再び7番手に浮上。後続との差を守り、第3戦オーストラリアGPと並ぶ今季自己最高の7位でチェッカーを受けた。

 アグレッシブかつ、クレバーな走りで前日のスプリントで得た1ポイントに獲得に続く入賞に、海外ファンは興奮。RBの公式X(旧ツイッター)が「レッツゴーーーユウキ!!!! P7!!」と角田の映像を添えた投稿をすると、多くのコメントが集まった。

「ユウキによる非常に大きな仕事」
「信じられないほど素晴らしい週末だ!!」
「素晴らしいドライブ」
「よくやったユウキ!!」
「ユウキは今日最大の仕事をしてくれたね。この週末チームもよくやった。さあ次へ!」
「セーフティカー待ち作戦が初めて実を結んだね。一瞬、心配になったけど。ユウキとダニエルは今週、素晴らしいポイントを獲得してくれた! 」
「予想以上のスピードで飛ばして頑張った! 素晴らしいドライバーの素晴らしいドライブ。 チームもよくやってくれた!」
「メガユウキ!」
「またしてもユウキの見事なドライブ。彼の才能は本当に輝いている。感激したわ!」

 角田はこれで今季獲得ポイントを14に伸ばし、ドライバーズランキングでも10位に浮上。第7戦エミリア・ロマーニャGPは、現地時間5月17~19日にイタリアのイモラ・サーキットで開催される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集