[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、今季初の2発4安打でついに“8冠” 打率と本塁打でMLBトップに並ぶ

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発し4打数4安打の大暴れ。初回と8回に中越えの大アーチを放り込み、本塁打と打率の2部門で大リーグトップに並んだ。さらに8部門でトップに立ち旋風を巻き起こしている。

ブレーブス戦で本塁打を放った大谷翔平(左)【写真:ロイター】
ブレーブス戦で本塁打を放った大谷翔平(左)【写真:ロイター】

確実性も長打も手に…打率.364、10本塁打

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発し4打数4安打の大暴れ。初回と8回に中越えの大アーチを放り込み、本塁打と打率の2部門で大リーグトップに並んだ。さらに8部門でトップに立ち旋風を巻き起こしている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は4打数4安打で打率を.364まで引き上げ、フィリーズのボームに並んだ。本塁打は初回の9号でブレーブスのオスーナに並び、試合中に引き離されたものの、8回には中堅へ飛距離464フィート(約141.5メートル)の10号特大弾。4年連続の2桁本塁打で再びトップに。ア・リーグで10本を放っているヘンダーソン(オリオールズ)とトラウト(エンゼルス)にも並んだ。

 さらにこの試合を終えた時点で大谷は、52安打、14二塁打、長打率.685、OPS1.111、25長打、98塁打の各部門でも大リーグトップに立っている。実に「8冠」だ。

 ここまでの大谷は、長打に加えて確実性も増しているのが大きな特徴。1度目の右ひじ手術から復帰した2020年以降、毎年打率を上げてきており、進化は果たしてどこまで続くのか。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集