[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「日に日にもっと好きになっています」 地元局の愛が爆発…2試合連続の雄大HRに騒然

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発。初回の打席で2試合連続となる今季9号を放ち、ナ・リーグトップに並んだ。中堅バックスクリーンへ飛び込む雄大な打球に、地元局の放送席は「日に日に大谷のことをもっと好きになっています」と愛を爆発させている。

ブレーブス戦で9号2ランを放ったドジャース・大谷翔平【写真:ロイター】
ブレーブス戦で9号2ランを放ったドジャース・大谷翔平【写真:ロイター】

2試合連続の9号…地元放送局がファンの声を代弁

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地で行われたブレーブス戦に「2番・DH」で先発。初回の打席で2試合連続となる今季9号を放ち、ナ・リーグトップに並んだ。中堅バックスクリーンへ飛び込む雄大な打球に、地元局の放送席は「日に日に大谷のことをもっと好きになっています」と愛を爆発させている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 初回無死一塁、大谷はブレーブス先発左腕のフリードと対戦し、カウント1-2からの内角カーブをしっかり待ってとらえた。大きな放物線は中堅バックスクリーンへ飛び込む本塁打に。飛距離412フィート(約125.6メートル)の大アーチだった。この打席、低めへの判定に首をかしげるシーンもあったが、すぐに切り替えての豪打だった。

 この一発を伝えたカリフォルニア州の地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」は、実況ジョー・デービス氏が「彼らは日に日に彼のことをもっともっと好きになっています。ショウヘイ・オオタニが9号ホームラン」とドジャースファンの愛を代弁。

 さらに、解説を務めたドジャースOBのオーレル・ハーシュハイザー氏は「彼はパワーを供給しました。球場の一番深いところに持っていきましたが、軽々と越えていきました」と、大谷のパワーに目を丸くしていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集