[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷出場試合の蜂駆除員、激動の1日に感激 息子と野球→駆除で大歓声→始球式「とてもクールだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は4月30日(日本時間5月1日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発予定だったが、蜂の大量発生により試合開始が約2時間遅延した。蜂駆除員が登場する事態に。作業時にスタンドから拍手喝采を浴びたが、急遽始球式にまで登場した。

作業服のまま始球式に登場した蜂駆除員のマット・ヒルトン氏【写真:Getty Images】
作業服のまま始球式に登場した蜂駆除員のマット・ヒルトン氏【写真:Getty Images】

蜂で開始遅延、駆除員ヒルトンさんは急転ヒーローに「駆除だけだと思っていた」

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は4月30日(日本時間5月1日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に「2番・DH」で先発予定だったが、蜂の大量発生により試合開始が約2時間遅延した。蜂駆除員が登場する事態に。作業時にスタンドから拍手喝采を浴びたが、急遽始球式にまで登場した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 異例の大歓声だった。「俺たちのヒーローだ!」の場内アナウンスを受けながらマウンドに上がったのは、駆除業者「ブルー・スカイ・ペスト・コントロール」のフェニックス店で支店長を務めるマット・ヒルトンさん。作業服のまま投げたボールはストライクとはいかなかったが、客席から大歓声を浴びた。米国らしい臨機応変な対応だった。

 試合前、本塁裏のネット部分に蜂が大量発生した。大谷も座るドジャースベンチ前では選手たちも困惑気味。数百匹はいるであろう大群を眺めていた。開始が遅れる中、ヒルトン氏が登場しただけで球場は拍手喝采。突如現れたヒーローは手を上下にあげて歓声を煽った。作業終了時には大歓声。ガッツポーズで応えた。

 その後、ヒルトンさんはMLB公式のダイヤモンドバックス試合中継でインタビューに対応。駆除依頼の連絡を受けた際について、「実は、息子のティーボール(ティーから打つ子ども向けの野球)の試合に行っていたんです。そこで連絡を受けてここに来ました」とパパの仕事をしていたという。

 そこからまさかの客席総立ちのヒーローに。「駆除するだけだと思って行ったら、球場はかなり盛り上がっていましたね。とてもクールでしたよ」と感激した。始球式はもちろん初めての経験。「これから経験することもないでしょう。最高でした」と激動の1日を振り返り、息子が登板を知っているかについては「わかりません。妻には伝えました。彼女は今、見ているかもしれませんね」と話した。

 米カリフォルニア州地元局「スポーツネット・ロサンゼルス」でドジャース戦の実況を務めるティム・ネベレット氏のXによると、チェース・フィールドで蜂による試合遅延は2014年4月3日以来、10年ぶり2度目という。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集