[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“ズボンが透ける”MLBユニホームが改良へ 大谷翔平の写真でも酷評…米メディア伝える

米大リーグの各チームが採用しているユニホームは今春、ズボンが透けて上衣が見えたり、破れやすいとして大きな批判の的となった。開幕から1か月超が経過したが、大リーグ機構が来季開幕までに改善すると米スポーツ専門局「ESPN」が伝えている。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

「ESPN」報じる…来季開幕までにズボンの改善、背ネーム大型化など

 米大リーグの各チームが採用しているユニホームは今春、ズボンが透けて上衣が見えたり、破れやすいとして大きな批判の的となった。開幕から1か月超が経過したが、大リーグ機構が来季開幕までに改善すると米スポーツ専門局「ESPN」が伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 今季メジャー30球団が着用しているユニホームは、大手スポーツメーカーのナイキがデザインし、ファナティクスが製造した。ただキャンプの時点から、ズボンが透けることが大きな問題に。大谷翔平投手の所属するドジャースでも、フォトデーで撮影した宣材写真のズボンに、中に入れた上衣がくっきり浮き出ている写真が話題となった。

「ESPN」の記事では、28日(日本時間29日)に大リーグ選手会から選手たちに配布されたというメモの内容を紹介。修正は来季開幕までに行われる予定で「この変更には今春、シースルーになっていると広く酷評されたパンツを修正することも含まれる」という。

 さらに「最も目立つ修正点は、ユニホーム背中の文字を大きい文字に戻すこと、ミスマッチになっていたグレイの上下を改善すること、汗を集める傾向があるナイキの新しいユニホームに対処することだ」としている。

 また、メモの中ではデザインしたナイキに批判の矛先が向かっているという。記事は配布されたメモに「これは完全にナイキの問題」と書かれていることを伝えており、「根本的に、ここで起こっているのは、ナイキが革新する必要がないものを革新しようといていることだ」とし、ナイキの行った変更が問題視されていると伝えた。

 加えて「選手会はまた、ユニホームのゴタゴタについて主な世間の軽蔑を受けてきた製造元のファナティクスについては無罪を言い渡した。いわく、同社は『選手のフィードバックを懇願すること、選手の同意を得ることの重要性を認識しており、ユニホームやトレーディングカードについて難しい会話をすることを恐れない。私たちの願いは、今後ナイキも同じようなアプローチをとることだ』」とも伝えられている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集