[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス大失速●●●●●○●●●● 直近10戦9敗で迫る最下位1ゲーム差、膨らむ借金8

米大リーグ・エンゼルスは28日(日本時間29日)、本拠地ツインズ戦に5-11で敗れ4連敗となった。これで直近10戦9敗の大失速。序盤はア・リーグ西地区の首位争いに顔を出していたが、気付けば最下位アストロズと1ゲーム差になっている。

エンゼルスのロン・ワシントン監督【写真:ロイター】
エンゼルスのロン・ワシントン監督【写真:ロイター】

ツインズ戦に敗れ4連敗

 米大リーグ・エンゼルスは28日(日本時間29日)、本拠地ツインズ戦に5-11で敗れ4連敗となった。これで直近10戦9敗の大失速。序盤はア・リーグ西地区の首位争いに顔を出していたが、気付けば最下位アストロズと1ゲーム差になっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 前日は16失点の投壊となったエンゼルス。この日も投手陣が踏ん張れない。先発デトマーズが0-0の4回にミランダから先制適時打を浴びると、5回には5安打を浴び、アデルのまずい守備もあって4失点。その裏、レンヒーフォ、シャヌエルの連続本塁打などで4点を取り返したが、7回には3番手ガルシアが4失点と吐き出した。

 7回には主砲トラウトが意地のタイムリーを放つも、8回にメジャーデビューとなったクリストファクが2失点。2戦連続の2ケタ失点となり、そのまま敗れた。地区4位のエンゼルスはこれで今季10勝18敗の借金8に。この日地区最下位のアストロズが勝利し、その差1ゲームに迫られている。

 これでエンゼルスは直近の10試合は5連敗、1勝、4連敗と1勝9敗。一時はア・リーグ西地区首位争いをするほどだったが、大失速となった。トラウトが両リーグ最多の10本塁打を放っているが、打点はわずか14。打率.219と決して本調子ではない。先発投手陣もサンドバルが防御率6.33、キャニングが7.50。アンダーソンは1.78と安定しているが、直近3登板で敗戦投手になるなど投打が噛み合わない。

 エンゼルスは昨季2度目の満票MVPを獲得した大谷翔平が退団。今季からワシントン新監督を迎え、1番打者には近年結果を残せていなかった2019年のナ・リーグ打点王レンドンを据えてきたが、20日(同21日)のレッズ戦で左太ももを痛め、筋肉の部分断裂でまたも長期離脱が見込まれている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集