[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米野球で「IQ1000」の頭脳プレー誕生 “偽捕球”に元MLB選手絶賛「これだけでドラフト指名だ」

米大学野球で生まれた頭脳プレーに注目が集まっている。27日(日本時間28日)のフロリダ大とのダブルヘッダー第1戦でアーカンソー大の中堅手が、1死満塁から飛球を“偽捕球”。タッチアップのタイミングを逸した三塁走者は本塁で憤死した。元メジャーリーガーも「私ならこのプレーだけでこの子をドラフト指名する」と絶賛している。

アーカンソー大のペイトン・ホルト【写真:Getty Images】
アーカンソー大のペイトン・ホルト【写真:Getty Images】

米大学野球で中堅手がまさかのプレー

 米大学野球で生まれた頭脳プレーに注目が集まっている。27日(日本時間28日)のフロリダ大とのダブルヘッダー第1戦でアーカンソー大の中堅手が、1死満塁から飛球を“偽捕球”。タッチアップのタイミングを逸した三塁走者は本塁で憤死した。元メジャーリーガーも「私ならこのプレーだけでこの子をドラフト指名する」と絶賛している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 わずかな動きで相手を騙した。アーカンソー大は6-5の8回1死満塁の大ピンチ。打球は中堅に高々と上がった。同点のタッチアップには十分な大きさ。しかし、ここからだ。中堅手のペイトン・ホルトはフライが落ちる前に一瞬だけ捕球の仕草。直後に本当にボールを捕ると、三塁に送球した。三走はスタートのタイミングを失った様子。帰塁後に再び本塁を狙った。しかし、タッチアウトだ。

 併殺が完成し、ピンチを脱出。ナインは大興奮で中堅手を迎え入れた。6-5のまま先勝。一連の動画を公開したアーカンソー大野球部公式Xは、「ペイトン・ホルトによる伝説的なフェイント」と紹介した。米ファンからは「IQ1000」と驚きの声が上がっている。

 動画内では米実況も「パンプフェイクで全員を騙した!」「究極のフェイクだ」「見たことあるかい?」と興奮。解説も「あるけど、うまく行ったのは初めて見た」と仰天した。さらにXで動画を引用ポストしたメジャー通算1126安打の解説者ジェリー・へアストンJr.氏は、「私ならこのプレーだけでこの子をドラフト指名する。本能、認識力、遂行力。勝利を呼ぶプレーだ。#素晴らしい」と絶賛した。

 頭脳的プレーは日本でもたびたび見られるが、土壇場だっただけに興奮度が高かったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集