[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、192キロ爆速安打でまたドジャース新記録 “中3日”で更新に米記者仰天「最速」連呼

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地トロントで行われたブルージェイズ戦で岩手・花巻東高の先輩にあたる菊池雄星投手と今季初対戦。2回の第2打席で右前に適時打を放った。時速119.2マイル(約191.8キロ)という爆速で、23日(同24日)に更新したばかりの自己最速をたった4日で再更新。これに米記者が仰天している。

ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

菊池雄星から放った単打はあっという間に右前へ

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地トロントで行われたブルージェイズ戦で岩手・花巻東高の先輩にあたる菊池雄星投手と今季初対戦。2回の第2打席で右前に適時打を放った。時速119.2マイル(約191.8キロ)という爆速で、23日(同24日)に更新したばかりの自己最速をたった4日で再更新。これに米記者が仰天している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「2番・DH」で先発した大谷は2回、2死一、三塁で打席に立つとカウント2-2から菊池の5球目、内角直球をとらえた。火の出るような勢いの打球が、あっという間に右前へ。今季大リーグ最速、さらに大谷自身の自己最速となる爆速打だった。

 大谷は23日(日本時間24日)のナショナルズ戦でも時速118.7マイル(約191キロ)の本塁打を放っており、自己最速と今季のメジャー最速打球を更新し続けている。

 これに仰天しているのがMLB公式サイトのサラ・ラングス記者。自身のX(旧ツイッター)で「ショウヘイ 119.2マイルの単打―彼のキャリアで最速の打球」とつぶやいた。さらに「ドジャースのスタットキャスト計測下での最速打球」と続け、ドジャースの球団史上最速安打の上位4傑はすべて大谷であることを紹介している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集