[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“神フレーミング”で山本由伸の2勝目アシスト 捕手バーンズが称賛「打者のバランス崩せた」

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。6回4安打無失点、7奪三振1四球の好投でメジャー2勝目をマークした。97球のうち70球がストライクの投球。アシストしたオースティン・バーンズ捕手は「安定感があった」と称賛した。

ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

ナショナルズ戦で快投

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。6回4安打無失点、7奪三振1四球の好投でメジャー2勝目をマークした。97球のうち70球がストライクの投球。アシストしたオースティン・バーンズ捕手は「安定感があった」と称賛した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 技術が光った。初回2死、3番メネセスに対してフルカウントから97マイル(約156キロ)の速球を低めに投じた。外れたと確信したメネセスは一塁へ歩き出したが、バーンズが上手いフレーミング。これが効いたのか、球審はストライクをコール。見逃し三振となった。随所で山本の制球力をより際立たせるキャッチングだった。

 X上の日本ファンからは「フレーミング、チートでは?笑」「バーンズさんの神フレーミング」と喝采を浴びていた34歳。試合後、ロッカールームで取材に応じ、6日(同7日)のカブス戦以来となる2勝目を挙げた山本の投球について「全ての球を上手く投げられていた。打者のバランスを崩せていたね」と語った。

 卓越したフレーミングに定評があるバーンズは、2015年からドジャースでプレー。ダルビッシュ有投手や前田健太投手の球も受けてきたが、この日の山本は「全体的に安定感があった。ストレートもすごく良かったし、カーブもそうだ。スプリットも決まっていたね」と評価。直近2登板では計11イニングで7失点と苦しんでいたが、この日は頼れる相棒とともに無失点の快投を見せた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集