[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山本由伸、強烈ピッチャー返しがあわや顔面直撃! 169kmを超反応で好捕、球場どよめき「良かった…」

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。5回に強烈なピッチャー返しを受ける危機一髪のシーンがあった。顔面に向かって飛んできた打球速度104.8マイル(約168.7キロ)のボールを、超反応で捕球してアウトに。その後も続投した。球場内はどよめきが起き、敵地実況席も「良かった……」と安堵していた。

ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ナショナルズ戦で先発登板したドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

ナショナルズ戦

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は25日(日本時間26日)、敵地ナショナルズ戦で今季6度目の先発登板。5回に強烈なピッチャー返しを受ける危機一髪のシーンがあった。顔面に向かって飛んできた打球速度104.8マイル(約168.7キロ)のボールを、超反応で捕球してアウトに。その後も続投した。球場内はどよめきが起き、敵地実況席も「良かった……」と安堵していた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 危なかった。無失点の好投を見せていた5回、先頭のロサリオが強烈なピッチャー返しを放った。顔面付近に飛び、あわや直撃かと思われたが、山本は体勢を崩しながらも見事に捕球。球場からは「Ohhhhh……」と心配と驚きが入り混じり、騒然とした雰囲気に。ロバーツ監督がマウンドに向かったが、問題なく続投した。

 敵地ファンも拍手を送ったシーン。打球速度104.8マイルだった。米メリーランド州地元局「MASN」の中継では、実況のダン・コルコ氏と解説のケビン・フランドセン氏が同時に「OHH!」と絶叫。コルコ氏は「なんと、ヤマモトがこの打球を捕った! なんてことだ! ミサイルが頭部へ一直線。それを捕球してしまった。(直撃せず)良かった……」と驚いていた。フランドセン氏も「オーマイグッドネス……」と安堵した様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集