[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷また弾丸186km打、呆れるしかない米メディアが本音「常軌を逸してます…」「野球界を破壊」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発出場。初回に強烈な二塁打を放った。打球速度は115.6マイル(約186.04キロ)の強烈なライナー。前日の6号ホームランでは118.7マイル(約191.02キロ)を計測し、連日の衝撃打となった。米メディアも驚くばかりで「常軌を逸している」と伝えていた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発出場。初回に強烈な二塁打を放った。打球速度は115.6マイル(約186.04キロ)の強烈なライナー。前日の6号ホームランでは118.7マイル(約191.02キロ)を計測し、連日の衝撃打となった。米メディアも驚くばかりで「常軌を逸している」と伝えていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 またワシントンで強烈な打球を放った。初回1死で迎えた第1打席。相手右腕アービンが投じた高め97マイル(約155キロ)の速球をはじき返した。弾丸ライナーが右中間へ。あっという間にフェンスに達した。大谷は悠々と二塁へ。この後先制のホームも踏んでいる。

 これで打率.370に上昇。9戦連続安打、22戦連続出塁もマークした。前日には自己最速、かつドジャース史上最速の191キロ弾丸6号をかっ飛ばしているが、呆れるほどのパワーに米メディアも反応。試合を中継した米メリーランド州地元局「MASN」の実況席では、解説のケビン・フランドセン氏が「105マイル超えの当たりが30本。ハードヒットは51本ですよ」と強烈な安打の内訳に舌を巻いていた。

 実況のダン・コルコ氏も「常軌を逸していますね……。まだ25試合ちょっとしかプレーしていませんよ」と同調。X上では米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者が「ドジャースで彼は今野球界を破壊している」と圧巻の打球速度に触れながらもつづっていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集