[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【全文】大谷翔平、衝撃6号から一夜明け取材対応「タイミング的にドンピシャ」 水原氏、妻、渡邊雄太にも触れる

ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦前に現地で取材に応じた。前日、ドジャース史上最速の打球速度118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の6号ソロをかっ飛ばしたが「感覚的にも人生の中でトップクラス」と手応え十分であったことを表現した。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

24日のナショナルズ戦前に取材対応

 ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦前に現地で取材に応じた。前日、ドジャース史上最速の打球速度118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の6号ソロをかっ飛ばしたが「感覚的にも人生の中でトップクラス」と手応え十分であったことを表現した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 大谷は前日、9回に右腕バーンズの変化球を右翼2階席へ放り込んだ。MLBのサラ・ラングス記者のXによると、この一撃は自己最速の弾丸ライナーであっただけではなく、スタットキャスト導入後のドジャース史上最速弾。さらに今季のメジャー最速弾であっただけではなく、歴代12位タイの速さとまさに記録まみれの一撃だった。

 大谷は一夜明けたこの日の取材で「感覚的にも人生の中でもトップクラスなんじゃないかと思った」と手応えを表現。昨年右ひじの手術を行っているが「投球プログラムのリハビリは続いていますが、基本的に打撃は(リハビリは)もう終わってはいるので、フィールド上でどれくらい強度を高く保って毎試合出られるかということにフォーカスしている」と状態を明かした。

 以下、囲み取材での一問一答全文。

――昨日の6号本塁打について。あんなに強い球が行くと思ったか。

「感覚的にも人生の中でもトップクラスなんじゃないかと思った」

――手術後にパワーが戻ってきている。

「投球プログラムのリハビリは続いていますが、基本的に打撃は(リハビリは)もう終わってはいるので、フィールド上でどれくらい強度を高く保って毎試合出られるかということにフォーカスしています」

――投球への負担が軽減される分、打撃で数字を残しやすい部分はあるか。

「時間的な余裕があるのはもちろんなので、体調管理しやすいというのはその通りかなと思う。あんまり、考える時間が長すぎるのも良くないと思うので、基本的には練習やデータを見る時間は例年通りにしている」

――以前も打者専念した経験がある。

「前回は膝に不安が多かった。肘以外は万全な状態なので、そこが前回とは違うかなと思う」

――前回の打者専念時に比べて、打撃の適応は良いか。

「新しいチームで新しい打線に入っているので、自分の状態を気にしている余裕はあまりない。勉強の途中かなという感じ」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集