[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マスク越しに見た大谷191km弾の衝撃 相手捕手「ショウヘイは凄い打者。ミス見逃してくれない」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発する。前日には打球速度・時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃6号ソロをかっ飛ばした。目の前で打たれたライリー・アダムズ捕手は一夜明け、取材に対し「ショウヘイは凄い打者」と賛辞を送った。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ナショナルズ戦で6号

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発する。前日には打球速度・時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃6号ソロをかっ飛ばした。目の前で打たれたライリー・アダムズ捕手は一夜明け、取材に対し「ショウヘイは凄い打者」と賛辞を送った。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ミットを構えた目の前で、物凄い打球音が響き渡った。9回、大谷に対してカウント1-0の状況。捕手アダムズは低めのスプリットを要求したが、これが甘く入った。物凄い弾丸ライナーが、瞬く間に右翼2階席へ消える。豪快な6号ソロを献上。4-1とリードを広げられた。マウンド上では、投手バーンズが諦めたようなリアクション。打球の行方すら見送らなかった。

 アダムズは一夜明け、24日の試合前にロッカールームで取材に応じた。「低めのスプリットでバットを振らせるつもりだった」と配球を説明したが、「残念ながら甘い球になってしまった」と振り返った。

「ショウヘイは凄い打者だから、あのようなミスは見逃してくれない。本塁打になってしまったね」とも称賛。自己最速だっただけでなく、ドジャース史上最速の打球速度。相手に与えた衝撃は大きかった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集