[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロバーツ監督に「気を付けて!」 大谷翔平6号に30秒経っても爆笑し続けた米実況席が指摘したことは?

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の“爆速”今季6号ソロを放った。あまりの衝撃に米実況席は時間が経っても爆笑。冷静になってからドジャースのデーブ・ロバーツ監督に対し「気を付けて」と促すシーンがあった。

ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の“爆速”今季6号ソロを放った。あまりの衝撃に米実況席は時間が経っても爆笑。冷静になってからドジャースのデーブ・ロバーツ監督に対し「気を付けて」と促すシーンがあった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ドジャースが3-1とリードして迎えた大谷の9回の第5打席に生まれた衝撃弾。右腕マット・バーンズのスプリットをとらえ、右翼2階席まで運んだ。バットに当たってから4秒ほどでスタンドに着弾した一発。右翼手のロサリオはその場で立ち尽くし、内野手4人もまったく動かないほどの衝撃アーチだった。

 カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の中継では、まだどよめきが残る中で迎えた3番フリーマンの打席で大谷の本塁打のリプレーが流れると、解説を務めるエリック・キャロス氏は「ハッハッ」「ナッツパークへようこそ」と30秒以上経過しても笑いが止まらない様子だった。

 その後、フリーマンが右飛に倒れると画面上には日本生まれのドジャース選手のホームラン数のスタッツが表示されると、キャロス氏は「ドク(ロバーツ監督の愛称)、気を付けて!」とロバーツ監督に呼びかけ。沖縄生まれのロバーツ監督が持つ同記録は7本とあって、あと1本に迫ってきたことを指摘していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集