[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平2戦連発で年38発ペースに急上昇! 量産は例年夏前なのに…233安打&32盗塁換算の4月ダッシュ

米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、9回に打球速度191キロ、飛距離137メートルの衝撃6号ソロを放った。2試合連発で年間38発ペースに急上昇。例年6、7月に量産する大谷とあって、絶好のスタートとなっている。

ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

例年6、7月に本塁打を量産する大谷が4月で早くも6号

 米大リーグのドジャース・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、9回に打球速度191キロ、飛距離137メートルの衝撃6号ソロを放った。2試合連発で年間38発ペースに急上昇。例年6、7月に量産する大谷とあって、絶好のスタートとなっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ワシントン初見参となった大谷が、名刺代わりのアーチを描いた。3-1とリードして迎えた9回の第5打席だった。カウント1-0から右腕マット・バーンズの2球目、甘く入ったスプリットを強振すると、弾丸ライナーがあっという間に右翼スタンドへ。敵地ファンもどよめく衝撃の時速191キロの特大137メートル弾。ダイヤモンドを一周し、ベンチに戻る大谷の顔には笑みもこぼれた。

 25試合を消化し、この試合の終了時点で打率.364、36安打、11二塁打、67塁打、長打率.677、OPS1.107の6部門でメジャートップに。今季1号は自身最も遅い9試合41打席を要したが、グングン状態を上げて4月をあと1週間残して、1位と3本差で早くも6本塁打に。シーズン換算すると38発。そのほかも233安打、90打点、32盗塁、71二塁打など驚異のペースとなっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集