[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ド軍監督「あんな打球打てる選手、数人しか…」 大谷衝撃191キロ弾にただただ驚愕

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地で行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、9回の打席で右翼2階席に飛び込む6号ソロを放った。打球速度も、飛距離も規格外の一撃に衝撃を受けているのは、チーム内部も同じだ。デーブ・ロバーツ監督は試合後「あんな打球を打てる選手は数人しかいない」と最大級の賛辞を贈っている。

ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦、今季6号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

時速191キロの超速打球がスタンドへ…指揮官もあきれるばかりだった今季6号

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地で行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、9回の打席で右翼2階席に飛び込む6号ソロを放った。打球速度も、飛距離も規格外の一撃に衝撃を受けているのは、チーム内部も同じだ。デーブ・ロバーツ監督は試合後「あんな打球を打てる選手は数人しかいない」と最大級の賛辞を贈っている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 この試合で大谷は9回、右腕バーンズの変化球をとらえ右翼2階席へ放り込んだ。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)に及ぶ一撃だ。特に打球速度という面から見れば今季メジャー最速というだけではなく、2015年のスタットキャスト導入後、ドジャース史上最速の弾丸ライナーだった。インパクトからあっという間にスタンドへ突き刺さった。

 米カリフォルニア州の地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」が伝えたところによると、試合後のロバーツ監督はこの一撃について驚きの言葉を並べ立てている。

「あんな打球を打てる選手は数人しかいない。あれはトップスピンのライナーで、2階席に届くほどのものだった。だからそんなことができる男はそういないよ」

 さらに「ストライクゾーンをコントロールするという話をしていたけど、彼がそれをした時、アウトを奪うのは難しいだろう」とも。大谷はこの試合を終えて、打率.364、36安打、11二塁打、67塁打、長打率.677、OPS1.107の各部門でメジャートップに立った。パワーと確率を両立させた打撃は、しばらく誰にも止められそうにない。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集