[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マウンドで感じた大谷翔平の脅威 相手先発は“変化”に言及「前回は確か…」「彼はパワーある」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で今季6号ソロをかっ飛ばした。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。打球速度は自己最速&ドジャース史上最速の一発になった。大谷を封じた相手先発のパトリック・コービン投手も、その脅威をマウンドで感じ取った様子。「素晴らしい打者で右腕、左腕関係なく打つことができる」と評価した。

ナショナルズ戦、今季6号を放つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ナショナルズ戦、今季6号を放つドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ナショナルズ戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で今季6号ソロをかっ飛ばした。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。打球速度は自己最速&ドジャース史上最速の一発になった。大谷を封じた相手先発のパトリック・コービン投手も、その脅威をマウンドで感じ取った様子。「素晴らしい打者で右腕、左腕関係なく打つことができる」と評価した。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ワシントン初見参となった大谷。3-1とリードして迎えた9回の第5打席だった。カウント1-0から右腕マット・バーンズの2球目、甘く入ったスプリットを強振すると、弾丸ライナーがあっという間に右翼スタンドへ。敵地ファンもどよめく衝撃の191キロ弾だった。ダイヤモンドを一周し、ベンチに戻る大谷の顔には笑みもこぼれた。

 大谷は先発コービンには苦戦。3打数無安打に封じられた。16日(日本時間17日)の前回対戦では4打数1安打。試合後の取材に対し、コービンは「彼はパワーがあるから、出来るだけストライクゾーンの隅に投げることを心がけていた。左打なのが僕にとっては少し助けになったけど、彼は素晴らしい打者で右腕、左腕関係なく打つことができる。制球をしっかりしてバランスを崩し続けること。そして投手有利なカウントにし続けることを心がけた」と対戦を振り返った。

 大谷に変化を感じたかを問われると「分からない」としながらも「前回は確か3打席で初球でアウトを取った。ピッチカウントを見ていたのかもしれない。打者は常に異なることをしてくるからね」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集