[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平6号でワシントン記者席「ウオォォ!」 米国の首都が揺れた自己最速191km弾、ネット「化け物HR」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で今季6号ソロをかっ飛ばした。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。現地の記者席では、この一撃が飛び出した瞬間「ウオォォ!」と思わず興奮の声が上がった。

今季6号を放ち、同僚とハイタッチするドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
今季6号を放ち、同僚とハイタッチするドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ナショナルズ戦に「2番:DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、敵地ナショナルズ戦に「2番・DH」で先発。9回の打席で今季6号ソロをかっ飛ばした。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)の衝撃弾。現地の記者席では、この一撃が飛び出した瞬間「ウオォォ!」と思わず興奮の声が上がった。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 米国の首都が揺れた。ワシントン初見参となった大谷。3-1とリードして迎えた9回の第5打席だった。カウント1-0から右腕マット・バーンズの2球目、甘く入ったスプリットを強振すると、弾丸ライナーがあっという間に右翼スタンドへ。敵地ファンもどよめく衝撃の191キロ弾だった。ダイヤモンドを一周し、ベンチに戻る大谷の顔には笑みもこぼれた。

 ナショナルズ・パークの記者席でも、驚きのあまり「ウオォォ!」と興奮の声が上がった。この一発は打球速度が自己最速の一発となっただけではなく、2015年のスタットキャスト導入後ドジャース史上最速の弾丸ライナー。ポストシーズンも含めて全体12位タイの速さの本塁打と、まさに記録まみれの一撃になった。

 X上の日本人ファンも大興奮。「打球音エグすぎ!」「化け物みたいなホームラン」「大谷さんのホームランは質が違うわ。なんやねん打球速度191キロって。バケモンか」「ドジャースファンがゲット。嬉しそう」「大谷さんワシントンDCで初ホームラン」「やっべぇーーー」「大谷さんのホームラン後、しばらく球場がザワザワするの大好き」「大谷さんがノーヒットで終わるわけがない…」と驚きの声が続出していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集