[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9回裏2死満塁、一度も振らずに三振のトラウト「言い訳はしない」 5連敗の指揮官苦悩「振らないと」

米大リーグ・エンゼルスは22日(日本時間23日)、本拠地で行われたオリオールズ戦に2-4で敗れ、5連敗となった。その中で反撃ムードに水を差した主砲マイク・トラウト外野手の行動に、ロン・ワシントン監督が苦言を呈している。

マイク・トラウト【写真:ロイター】
マイク・トラウト【写真:ロイター】

絶好のチャンスを棒に振ったエンゼルスは5連敗

 米大リーグ・エンゼルスは22日(日本時間23日)、本拠地で行われたオリオールズ戦に2-4で敗れ、5連敗となった。その中で反撃ムードに水を差した主砲マイク・トラウト外野手の行動に、ロン・ワシントン監督が苦言を呈している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 エンゼルスは0-4と先行されたものの、7回になってジョー・アデル外野手の2号ソロと、ノーラン・シャヌエル内野手の右前適時打で2点を返した。さらに9回、先頭のアデルが死球で出塁。ローガン・オホッピー捕手が右前打で続き、一、二塁のチャンス。アデルが盗塁を成功させ三塁まで進み、四球もあって2死満塁まで攻め立てた。

 ここで打席は主砲のトラウト。絶好機だったがカウント1-2から高め94.5マイル(約152キロ)の直球を見逃し三振。一度もバットを振らずに試合終了となった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」でエンゼルス番を務めるサム・ブラム記者は、自身のX(旧ツイッター)で試合後のロン・ワシントン監督の「満塁だった。そして少なくとも同点にできるチャンスはあった。バットを振らないと」という苦言を伝えた。

 さらにトラウトの言葉も紹介されている。「明らかにインプレーにしたい場面だった。ここ1、2週間、打席では調子がいい時と悪い時があった。言い訳はしない。切り抜けないといけない」と、責任を正面から受け止めている。

 今季のトラウトは、ここまでリーグ2位の8本塁打を記録しているものの打点が11しかない。勝率5割からの5連敗でチームは借金5。主将の奮起がみられるだろうか。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集