[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「リハビリしながら球界を圧倒」 米国代表監督が驚嘆「首位打者も獲ろうとしてる」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、本拠地メッツ戦でメジャー通算176号となる今季5号2ランを放ち、松井秀喜氏のメジャー日本人最多記録(175本)を更新した。打率も.368で両リーグトップ。昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国代表監督を務めた解説者は「肘の怪我のリハビリをしながら球界を圧倒している」などと驚嘆している。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

打率.368は両リーグトップ

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、本拠地メッツ戦でメジャー通算176号となる今季5号2ランを放ち、松井秀喜氏のメジャー日本人最多記録(175本)を更新した。打率も.368で両リーグトップ。昨年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国代表監督を務めた解説者は「肘の怪我のリハビリをしながら球界を圧倒している」などと驚嘆している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 米国代表監督も呆れるしかなかった。0-0の3回1死一塁。右越え2ランで記録を塗り替えた大谷は、3打数2安打2打点の活躍で10-0の快勝に貢献。打率.368で両リーグ首位打者にも浮上した。35安打、11二塁打も両リーグ最多。米MLB専門局「MLBネットワーク」公式Xは「ショウヘイ・オオタニが今のところ35安打と打率.368でMLBの先頭に立つ!」などと記し、解説動画を投稿した。

 出演したのはマーク・デローサ氏。昨年のWBCでは米国代表監督として大谷とも対峙した。まずは松井氏との打撃成績を比較。大谷が500試合以上少ない725試合で松井氏の本塁打記録を塗り替えたことなどを伝えた。2018年にメジャー移籍して以降、打撃フォームをシンプルにしたといった進化の過程に言及。「肘の怪我のリハビリをしながら、それでも球界を圧倒しています」と驚嘆した。

 さらにムーキー・ベッツ内野手、フレディ・フリーマン内野手という球界屈指のスーパースターが並ぶ打線の中でも「私たちはこのモンスターから目が離せません!」と大谷の注目度の高さを表現した。2023年開幕以降のOPSは1.071。400打席以上立った打者の中では2位ベッツの1.003を上回ってトップに立っている。同氏は「ちょっと考えてみてくださいよ。接戦でもないです」と強調した。

 今季はアベレージヒッターのスティーブン・クワン外野手(ガーディアンズ)らも凌ぐ打率.368も記録している。「彼はかなりのパワーがあります。それが今突然、首位打者も獲ろうとしているって?」と同氏も驚き。「OPSは天井を突き抜け、オー、彼は打率でもスティーブン・クワンを追い抜くことに決めたようです」と本塁打だけに留まらない大谷の魅力に舌を巻いていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集